小学生から意識しよう!サイドへパスで展開するときの優先順位とは

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

CBやMFの選手がサイドへパスを出して展開するとき。この時に相手の状況や味方の状況によって、パスを出す位置を変える必要があります。サイドにパスを出すだけと考えるのではなく、そこにはパスの優先順位というものがあります。

そこで今回は、サイドにパスで展開するときに意識するべきことやポイントについてご紹介していきましょう。

サイドへのパスの優先順位とは

サイドへパスを出すときには優先順位があります。まず考えるべきパスコースはサイドハーフ・ウイングの選手。次にサイドバックです。この優先順位が分からず、パスを展開しているだけの選手はサイドバックへパスをしがちですが、それでは効果的な攻撃はできません。

シンプルな横パスですが、優先順位を実行するだけで攻撃のスピードが全く違います。

 

なぜサイドハーフ・ウイングにパスを出すことが優先なのか

なぜサイドハーフ・ウイングにパスを出すことが優先なのかというと、効果的に攻撃を繰り出せるからです。ウイングの選手にボールを1発で展開すれば、相手サイドバックとの1対1の状況を作り出せます。さらにサイドバックの選手がオーバーラップを仕掛けることで、数的有利の状況を生み出せるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です