サイドバックの基本!タイミングの良い攻撃参加を習得しよう!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

豊富な運動量とスピードが求められる現代サッカーのサイドバック

現代サッカーのサイドバックには守備はもちろん、積極的な攻撃参加が求められます。攻撃時にはサイドハーフのような動きをし、守備時にはサイドバックのように動かなければいけません。そのため豊富な運動量とスピードが求められます。

サイドバックの攻撃の基本として挙げられるのが、「オーバーラップ」で、サイドハーフやウイングの選手を追い越す動きのことです。
しかしどんなときでもオーバーラップを仕掛けて良いわけではありません。状況を把握し、最適なタイミングで攻撃参加をする必要があります。

そこで今回は、攻撃参加のタイミングや気をつけるべき点など、サイドバックの基本的な動きをご紹介していきましょう。

サイドバックの攻撃参加

サイドバックの攻撃参加は、コートの横幅を広く使うことができ、攻撃の人数が増えるため、動きが活性化されます。MFやウイングの選手と連携してサイドを切り崩せれば、決定的なチャンスになるでしょう。
しかしサイドバックの攻撃参加には、いくつか気をつけるべき点があります。

気をつけるべき点①:サイドハーフ(ウイング)が後ろ向き

サイドハーフやウイングの選手が相手を背負って後ろ向きでボールを保持している場合。このときにオーバーラップを仕掛けてもパスを出せません。もしこの状況でオーバーラップを仕掛けて、ボールを持っている選手が奪われてしまった場合、自分が空けてしまったSBのスペースから攻撃されピンチを招いてしまいます。

サイドハーフやウイングの選手が後ろ向きでボールを保持している場合は、オーバーラップせずに後ろでサポートに入ることが大切です。そうすることで、ボールを保持している選手の逃げ道にもなりますし、もし奪われたとしても対応できます。

オーバーラップを仕掛けるときは、まずボールを持っている選手がどんな状態なのかを把握してください。

気をつけるべき点②:逆サイドのSBが上がっている

こちらはチームによっても様々な考え方がありますが、右サイドにボールがあって、右サイドバックが攻撃参加をしている場合、リスク管理として左サイドバックはあまり上がらずに守備に備えることが基本です。

ボランチが1枚下がってCBと3バックを形成したり、2ボランチが残っているチームなどは両サイドバックとも攻撃参加しても良いですが、そうでない場合は両サイドバックが上がってしまうとCBの2枚だけになってしまいます。
相手が3トップだったり、カウンターが鋭いチームだと、ボールを奪われたとき一気に数的不利になってしまうため、味方の選手の配置バランスを心がけることも重要でしょう。

◆関連記事◆
SBに必要な能力5選!プロでも活躍できる最高のSBになろう!

soccer player kicking ball near goal
Photo:unsplash.com【@jeffreyflin】

攻撃参加のタイミング

ではサイドバックのタイミングのよい攻撃参加は、どういった場面なのでしょうか。

サイドハーフやウイングの選手が前を向いてプレーできる状態のとき

この時にオーバーラップを仕掛けることで、ボールを保持する選手はパスも選択できるし、サイドバックをおとりにして中に切れ込んでシュートやパスなどの選択肢を持つことも可能になります。
ボールを保持する選手が良い状態の時に攻撃参加をすることで、味方の動きを活性化でき、さらにバリエーションを増やすこともできるでしょう。

サイドハーフやウイングとの連携で、サイドハーフやウイングが中央へポジショニングを変えたとき

この「サイドから中央へ絞る動き」はサイドのスペースを空ける動きであり、このスペースをサイドバックが積極的に使うことで、横幅を広く使う事が可能になります。
この攻撃は横幅を使えるというだけでなく、サイドハーフが中へ絞る動きをすることで中央に人数をかけられるため、厚みのある攻撃を可能にします。

「空いているスペースにタイミングよく走り込む」。これもサイドバックとして必要な技術です。ぜひ日頃のトレーニングから意識して取り組んでください。

◆関連記事◆
CBに必要な能力6選!プロでも活躍できる最高のCBになろう!
SBに必要な能力5選!プロでも活躍できる最高のSBになろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です