ロングボールの対処法〜DFラインの統一を心がけよう!〜

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

CBやSBの選手は、相手からのロングボールを跳ね返せる能力が求められます。ロングボールは1発のパスで決定的な場面を作り出せてしまうため、DFラインの選手は気をつけなければいけません。

そこで今回は、ロングボールが来たときの対処法やポイントについてご紹介していきます。

ロングボールの対処法

ロングボールを対処する方法には様々ありますが、1人で行うのではなくDFライン全員で統一して行うことが重要です。そこにはいくつか気をつけるべき点やポイントがあります。

①:相手がフリーで前を向いている場合ラインを下げる

例えば相手CBが前を向いてフリーでボールを持っている場合。こういった場合はFWに向けてロングボールを入れてくる可能性があります。

相手が良い状態でボールを持っている場合は、ラインを上げるのではなく、下げることを意識してください。

②:ボールを持っている選手が蹴るモーションになったとき少しラインを下げる

相手が蹴るモーションになった場合、2〜3mほどラインを下げロングボールが来た場合にしっかり対応できる準備をする必要があります。

また、ロングボールが来なかった場合はすぐにラインを戻すことも重要です。ラインを下げたままにすると、MFとの間が間延びしてしまい良い形でボールを入れられてしまいます。蹴るモーションになったら下げる、蹴らなかったらラインを戻す。これらのプレーを繰り返し行うことで、よいディフェンスラインをキープできます。

③:1人が競り合う 他の選手がカバー

実際にロングボールが蹴られた場合。まず1人はボールの出どころへ出て、相手と競り合わなければいけません。そして重要な点が競り合わない選手がしっかりカバーに入ること。もし競り合いに負けてゴール方向へボールがこぼれた時にカバーができていなければ、決定的なチャンスを作られてしまいます。1人が競り合い、他の選手がゴールへのカバーを怠らないようにして下さい。

④:クリアできたらラインを上げる

競り合いでクリアできた場合や、カバーした選手がクリアできた場合、すぐさまラインを上げることが重要です。ラインを上げることで2次攻撃を防ぐことができ、コンパクトに守れます。

またラインを上げることを心がけることで、オフサイドをかけるにも有効です。クリアしたらラインを上げることを心がけましょう。


動画:youtube[【デフェンス必見】ロングボールに対してチームでの守り方!!]

◆関連記事◆
【サッカー練習メニュー】8人制、ロングボールに屈しないための3v3トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です