ボールを「持ちすぎる」と「あえて持つ」ことは全くプレーの意図が違う

ボールを「持ちすぎる選手」と「あえて持つ選手」では大きく異なります。小学生年代の子はたくさんボールに触ることが重要です。しかし中学・高校とレベルが上がるにつれ、何も考えずただボールに触れたいだけ、持ちたいだけの選手では必ず通用しなくなります。

今回はボールを持ちすぎる選手からボールをあえて持つ選手になるために、意識するべきことをご紹介していきましょう。

 

「ボールを持ちすぎる選手」と「ボールをあえて持つ選手」との差とは

ボールを持ちすぎる選手とは、ただただボールをキープするだけの選手。つまり試合中何も考えていない選手です。ボールをキープする能力とはサッカーの中でとても重要。しかしただキープできるだけの選手では、せっかくのボールを持てる技術を無駄にしています。

ボールをあえて持つ選手とは、敵味方の位置・スペース・試合展開などその場の状況を把握した上で、あえてボールを持つ選択をできる選手です。例えば中盤で良い形でボールを受け、前を向いてボールをキープしたとします。FWはまだ良い形でボールを受けれる状態ではありません。その状況を把握した上で、数秒キープすることにより、FWが良い形でボールを受けられる状況が整い、スルーパスを出すことができます。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です