~宇佐美貴史~抜群の攻撃センスはどうやって生まれたか?これが宇佐美貴史の生き様だ!

日本代表として数多くの国際試合にも出場した宇佐美貴史。高校時代からシュート、パスに定評があり、17歳でJリーグデビューも果たしています。そんな宇佐美のサッカーセンスは、どのようにして磨かれてきたのでしょうか?幼少期から今日までの、宇佐美のサッカー人生についてご紹介します。

少年時代の宇佐美貴史はどんな子供だったのか?

一家揃って筋金入りのガンバ大阪ファンだという宇佐美家。3人兄弟の末っ子の貴史は、生後8カ月からボールを蹴り始めたそうです。小学生の頃は常に3学年分程飛び級のチームでプレーし、フォワードとして好成績を収める選手でした。常に上級クラスでプレーする環境はガンバ大阪のトップチーム入りするまで続きます。ガンバ大阪下部チームに所属していた頃には、当時の育成普及部長に「いい選手には良い環境を与えるのが当然」と言わしめたほどです。

宇佐美貴史の攻撃センスはこうして磨かれた

常にトップ選手として走ってきた宇佐美ですが、彼の攻撃センスを支える生き様とは、一体何でしょうか?

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です