~宇佐美貴史~抜群の攻撃センスはどうやって生まれたか?これが宇佐美貴史の生き様だ!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

日本代表として数多くの国際試合にも出場した宇佐美貴史。高校時代からシュート、パスに定評があり、17歳でJリーグデビューも果たしています。そんな宇佐美のサッカーセンスは、どのようにして磨かれてきたのでしょうか?幼少期から今日までの、宇佐美のサッカー人生についてご紹介します。

少年時代の宇佐美貴史はどんな子供だったのか?

一家揃って筋金入りのガンバ大阪ファンだという宇佐美家。3人兄弟の末っ子の貴史は、生後8カ月からボールを蹴り始めたそうです。小学生の頃は常に3学年分程飛び級のチームでプレーし、フォワードとして好成績を収める選手でした。常に上級クラスでプレーする環境はガンバ大阪のトップチーム入りするまで続きます。ガンバ大阪下部チームに所属していた頃には、当時の育成普及部長に「いい選手には良い環境を与えるのが当然」と言わしめたほどです。

宇佐美貴史の攻撃センスはこうして磨かれた

常にトップ選手として走ってきた宇佐美ですが、彼の攻撃センスを支える生き様とは、一体何でしょうか?

少年時代の練習方法は妄想!?

宇佐美は多くの都市伝説を持っていることでも知られていますが、これもその一つです。小学生の頃、対等な練習相手になってくれるチームメイトがいなかった宇佐美少年は、自分の頭の中で相手ディフェンダーを妄想し、どうしたらうまく突破できるかをひたすら練習したそうです。スポーツの世界ではイメージとレーニングが重要視されていますが、宇佐美の妄想ドリブルは究極のイメージトレーニングと言えます。

凄すぎる!家族のサポート

サッカーに夢中な宇佐美少年をサポートする為、彼の両親は小学校のすぐそばにマイホームを購入したそうです。予算オーバーだったにもかかわらず、夕飯の直前までサッカーができる環境を息子に与えたかったのだとか。

日本にとどまらない多くの経験

現在、ガンバ大阪に所属している宇佐美ですが、過去2度の海外挑戦をしています。通算で5年、ドイツで4つのチームに所属した経験を持ちますが、目立った活躍をすることなく帰国しています。本人曰く「何も行動しないより、そこで打ちのめされた方が自分らしい」とのこと。その言葉通り、行動したことでサッカー選手としての自分を見つめなおすことができ、モチベーションにも繋がっているのだとか。

まとめ

日本のサッカー選手の中でも抜群のセンスを見せる宇佐美ですが、彼のサッカー人生には数多くの経験が生きていることが分かります。独特な練習方法、家族の行動、海外への挑戦、どれをとってもサッカーへの信念が強く感じられる選手です。宇佐美貴史の生き様、これからも楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です