意識すればチーム力が高まる3種類のサポート!【緊急時のサポート編】

サッカーの試合で大切な動きに「サポート」があります。日本では「味方選手を助けるプレー」として広く知られています。プレッシャーを受けている味方選手のために、後方から回ってパスコースを作るシーンが、代表的なイメージではないでしょうか?

一方スペインでは、サポートをいくつかの種類やスタイルに分けています。クラブによってさまざまなメソッドがありますが、ここではわかりやすくサポートを3つに分けて解説します。最終回は「緊急時のサポート」です。

【Apoyo de emergencia(アポジョ・デ・エメルヘンシア】ボールロストを防ぐために可能な限り素早くサポートに向かう

今までは相手ゴールに近づくための「前進のサポート」、前進の機会をうかがいながらボールを循環する「継続のサポート」を紹介しました。そして残る種類が「緊急時のサポートです」。ボール保持者が相手から強いプレッシャーを受けていたり、その他のボールを失いそうな場面で味方の選手が行うサポートを意味します。ここでの目的は前進、継続のサポートとは違い、とにかくボールをその場で失わないということです。

前出の2つのサポートとは違い、緊急時のサポートは受け手の有利性は考えません。ボールを失いそうなボール保持者に対して、受け手が不利な状況であろうとも近づいてサポートを行い、その後すぐに別のスペースへボールを展開させる必要があります。ボールが奪われやすい危険なスペースから、一刻も早く抜け出すためのサポートであることを認識しましょう。

サポートに向かう選手が注意することは、ボールを受けたときにどこにボールを運ぶ(渡す)のかを、あらかじめ認識しておく必要があります。とくに緊急時のサポートでは、高いプレッシャーの状態のスペースに近づくことになります。そのためボールを受けた後にスペースを探したり、ボールを持ち替える時間は無いのです。受け手は有利な状態でサポートしていることを前提に捉えて、ボールの逃げ道を確保しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です