明確な目的をもって「首を振る」習慣を身に着けるためのコーチング

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

「首を振る」とは周囲の状況確認をすること

ボールウォッチャー・パスミス・不意のチャージ…。

これらのミスの主な原因の1つとして、周りが見えていないことが挙げられます。そしてミスをした選手に対し、指導者がたびたび発する言葉が「もっとよく見ろ」です。

常にシチュエーションが変わるサッカーの試合で、「見る」という技術をレベルアップするためには、段階を踏んで選手の習得の度合いを確かめる必要があります。

首を振るトレーニングは適切なポジショニング取りと一緒に行う

本題へ入る前に、前提としてやっておくべきことがあります。

選手がボールを持っていない「オフ・ザ・ボール」のときに「ボール」「スペース」「首を振らなくても周囲が確認できるポジション(体の向きを含む)」を取ることです。これは攻撃と守備の両方に当てはまることです。

攻撃の際のポイント

攻撃の際、1人の選手がボールを持っている味方の選手のサポートに入ろうとします。このとき「パスを受けられるポジショニング」をとり、「ボールを受けた後に自分がプレーをするスペースを見る(スペースがあるか判断する)」ことが必要になります。

守備の際のポイント

守備でも同じことがいえます。コーナーキックの時ディフェンスは「ボール」「キッカー」「マークしている選手」を見ます。従ってディフェンスは、この3つを見ることができるポジションを取る必要があります。

適切なポジショニングとは、この3つが自分の視野に入るようにすることです。しかしどんなに上手くポジショニングをしていても、プレー中は3つを同時に見ることができなくなる瞬間があります。その時に必要になってくるのが「首を振る」動きです。

視野に関して指導者は、何でもかんでも「首を振れ、周りを見ろ」と言う前に、選手が適切なポジションにいるのか把握したうえで、首を振り忘れていないかどうか観察しましょう。

◆関連記事◆

【コーチング】プレーの選択肢を限定させない指導アプローチ

ちょっとした声掛けで指導者は選手の状況認識レベルを確認できる

指導者はなんとか選手に「首を振る」習慣を身に着けさせようとコーチングしますが、キックやヘディングといった目に見える技術に対して、把握しにくいのが難点です。そんなとき、トレーニング中にちょっとしたルールをつけることで、簡単に選手の状況認識レベルを確認することができます。

状況確認する習慣づけするトレーニング

いろいろなオーガナイズの中で実践できますが、わかりやすく5対5のボールポゼッションを例に説明します。

目的

グループでボールを保持すること

グリッド

広さや1セットの時間はレベルやカテゴリーによって調整してください

方法

指導者はポゼッション中「ストップ!」と全員に声をかけます。選手はその合図でピタリと固まり、周りを見てはいけません(ここが重要です)。指導者は誰か1人の選手に、その選手にとって死角のスペースについて質問します。

・どこに大きな(小さな)スペースがあるか(目を閉じた状態で)指差しさせる
・君をマークしているディフェンスは遠くにいる、近くにいる?
・どこにボールを運んだらディフェンスから遠ざけることができるか(目を閉じた状態で)指差しさせる

このようにフリーズをかけて選手に質問していくと、指導者は「どの選手がどのくらい周りの状況を認識しているのか」ということを確認できます。

  1. 首を振っていない
  2. 首を振っているが認識できていない
  3. 首を振って認識している

と度合いに別けて選手を把握していくとで、各選手へのコーチングのアプローチ方法を変えることができます。

トレーニングしている選手も指導者からの問いかけで「単に見る動作」から「認識することの大切さ」を体感することができます。

オーガナイズにゴールをつけたり、サイドにフリーマンを設けることで、より試合で起こる現象に近づけることができます。ゲーム性を持たせて楽しく周りを見る習慣をつけさせるのも1つのアイデアです。

指導者が選手に身に着けてほしい技術で優先度の高い「周りを見る習慣」。ただ、この技術も他のものと同じで、一朝一夕で身につくものではありません。指導者は選手の細かな変化を認めながら、根気強くコーチングをしていきましょう。

◆関連記事◆

【コーチング】プレーの選択肢を限定させない指導アプローチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です