シャビ先生からパスを学ぼう

FCバルセロナやスペイン代表でプレーし、現在はカタールリーグのアル・サッドSCで監督として活躍しているシャビ・エルナンデス氏。

2010 FIFAワールドカップで、パス成功率が91%と驚異の精度を叩き出したシャビ・エルナンデス氏が『YouTube』で、パスについてコーチングしています。

トレーニングは3セッションに分けられていて、オーガナイズは:

  1. 中央に2mほどのグリッド
  2. グリッドの中央にレシーブ役の選手1人
  3. レシーバーの左右と前方にミニゴール
  4. 前方のミニゴール近くにパサー役のコーチ

となっています。

セッション1 コントロール+パス(〜3:09)

パスをする方向に近い足でコントロールして、反対側の足でパス。常に身体を動かしながら行います。
正面は同じ足でパス。

セッション1のポイントは:
▶行きたい方向にプレーをするために、方向づけをしたコントールを行う
▶常に(足を)動かした状態で
▶ボールはじっとしていない

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です