歩みを止めない堂安律。日本代表MFが「1番成長する場所」を求め続ける理由とは?

doan

2020年9月5日に2021シーズン終了まで、ドイツリーグのビーレフェルトへのレンタル移籍が決定した堂安律選手。

1998年生まれの22歳で日の丸を背負って日本代表でも活躍している選手の1人です。

彼は常に「1番サッカーがうまくなる場所」を選択しています。

成長を求め続ける姿を振り返りつつ、現状についても探ってみます!

小中学生時代

出身は、兵庫県尼崎市で、7歳から少年クラブでサッカーを始めます。

小学4年生の時に、もっとレベルの高いチームを目指し、セレッソ大阪のセレクションを受けるも不合格でした。本人は、かなり落ち込んだそうです。

しかしその後、小学6年生の時には、名古屋グランパスエイト・ガンバ大阪・セレッソ大阪からスカウトがありました。

その中から中学時代は、ガンバ大阪ジュニアユースに入団しました。

堂安律選手の少年時代の映像もあるので、参照して下さい。

動画=YouTube:サッカーU-19日本代表堂安律選手と西宮サッカースクール

>>利き足「最大限」逆足「平均的」このバランスで伸ばすことでより良い選手へと成長できる

soccer-banner
doan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です