清武弘嗣(C大阪)のプレーを参考に「相手を騙すキックフェイントパス」のポイントを学び取ろう!!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

サッカーには様々なフェイントが存在します。

中でも「キックフェイント」は、相手を騙すのにとても有効なフェイントの1つとして知られています。

今回は、動画を参考に「相手を騙すキックフェイント」を成功させるためには、どんなことを意識するべきなのかを詳しく解説していきます。

「相手を騙すキックフェイント」を成功させるためには

まずはこちらの動画の0:19~0:46のシーンをご覧ください。

こちらの動画では、清武弘嗣選手(C大阪)のキックフェイントパスが見られます。
※得点をアシストした選手が清武選手です。

一見何気ないパスにも見えますが、清武選手はこのとき味方選手にフリーでシュートを打たせるため「ある2つのプレー」を意識しました。

その2つとは、一体どんなプレーなのでしょうか。
次のページで詳しく解説していきましょう。

清武選手が意識したある2つのプレー。それは、「ファーストタッチを止める位置」と「目線+シュートモーション」です。

清武選手はファーストタッチを自身の左足側にコントロールしました。これにより相手DFに「清武選手の右側にいるFWへのパスはない」と意識させます。

さらに清武選手はゴールをチラッと見る+シュートモーションに入る事で、相手GKやDFにシュートを打つそぶりを「あえて」見せつけます。

それにより相手DFは清武選手のシュートを防ごうとボールによって来ます。結果、味方FWのマークが外れフリーとなり、そこを見逃さなかった清武選手はシュートではなくパスを選択。見事、味方選手のゴールをアシストしました。

清武選手からしたら「相手DF(GK含め)全員を騙してやった」「してやったり」という感じではないでしょうか。

清武選手のプレーは試合で使えること間違いなしのテクニックだと思うので、ぜひ本記事を参考に練習してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です