「インサイドコントロールは取られやすい」は違う。相手が踏み込めない技術を身につけよう!

ボールコントロールは様々な身体の部位でできます。

なかでもインサイドコントロールは、サッカーにおいて最も使われる部位といってもいいでしょう。

ただ、インサイドでコントロールすると相手に取られやすいと思っている人はいないでしょうか。

次のプレーにつなげるためにコントロールがある!

まず、「コントロールをする際にどこの部位で行えばベストか」という問いに答えはありません

ボールに触れる面積が広いからインサイドがいいとか、脚を広げず自然にタッチができるからアウトサイドがいいとか。そういった文句が言われることがありますが、正直なところ、プレーの状況やその選手の技術によってコントロールの方法は千差万別です。

言えることは、コントロールはボールを足元に止めるためにではなく、次のプレーにつなげるために行う一つのアクションです。これはサカレコ『サンペール先生から教わろう! トラップはまず○○を意識すること!!』でも、神戸のサンペール選手が言っています。

インサイドで足元にコントロールするときは懐にボールを置く

狭いスペースにいたり、タメを作ったりする時、自分の身体の前にボールが止まるようなコントロールでは、相手に奪取されやすくなってしまいます

なぜなら、コントロールした足が地面について再び、ボールを触るまでに時間がかかるからです。

なので相手が取りに来づらいコントロールをすればいいのですが、そのポイントは自分の腰の下にボールを置くことです。

試合などでDFが容易に飛び込めないボールの持ち方をしている選手に対して、「懐が深いな〜」と表現することがあります。

これを動作として説明すると、ボールコントロールの時に足を後ろに引いて腰の下にボールを置くことを指します(この動作が全てではなく一例です)。

腰の下にボールを置けば、どれほど狭いスペースでも相手より自分のほうが早くボールに触れるのでアドバンテージを取れます。

でも、すべて腰の下にボールを置けばいいということでない

ボールが取られないんだったら、コントロールは全部これでいいじゃん

そう思った人もいるでしょう。

しかし、思い出してください。ボールコントロールの目的は次のプレーにつなげるためです。

例えば、自分の目の前にスペースがあったら、ボールはどこにコントロールすればいいでしょうか。

もちろん足元にコントロールしてからでもボールを前に運ぶことができますが、それでは時間がかかってしまいます

コントロールをはじめ、一つのプレーには目的があってはじめて機能するアクションとなります。

ですので、技術を習得する時に意識することは、なんのために行うかを把握してから実践へと移すことです

動画=YouTube:【フットサル式インサイドトラップ】プレスを受けても取られないボールコントロールを身につけよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です