【ストライカー必見】はやい・つよい・ばれない! コントロールトーキックの蹴り方

普段サッカーでボールを扱うのは足の部位でもインサイドインステップトーキックが使われることはあまり多くありません。

しかし、トーキックで狙った場所に蹴れるようになれば、プレーの選択肢を増やすことができます

そこで、「YouTube」にある『石関聖のサッカーに生きるフットサル思考』のコントロールトーキックの動画を紹介します。フットサルの技術ですが、サッカーの場面でも使うことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

とにかく早く強く蹴るためのトーキック

サッカーでトーキックが使われる場面といえば、とにかく相手より先にボールに触りたいとき。キックモーションが小さくても強いボールを蹴れるため、ゴール前のクリアやシュートでよく使われます。

ただこの場合のトーキックは、できるだけ早くボールを蹴ることを目的としているため、コントロールがあまり正確ではありません

では、その他にどのようなトーキックがあるのでしょうか。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です