【ストライカー必見】はやい・つよい・ばれない! コントロールトーキックの蹴り方

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

トーキックをうまく使えるようになれば選択肢が広がる!

普段サッカーでボールを扱うのは足の部位でもインサイドインステップトーキックが使われることはあまり多くありません。

しかし、トーキックで狙った場所に蹴れるようになれば、プレーの選択肢を増やすことができます

そこで、「YouTube」にある『石関聖のサッカーに生きるフットサル思考』のコントロールトーキックの動画を紹介します。フットサルの技術ですが、サッカーの場面でも使うことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

◆関連記事◆
キックフェイントよりも騙せる!キレのある「フェイクキックフェイント」を習得しよう!

とにかく早く強く蹴るためのトーキック

Photo:Pixabay.com[phillipkofler]

サッカーでトーキックが使われる場面といえば、とにかく相手より先にボールに触りたいとき。キックモーションが小さくても強いボールを蹴れるため、ゴール前のクリアやシュートでよく使われます。

ただこの場合のトーキックは、できるだけ早くボールを蹴ることを目的としているため、コントロールがあまり正確ではありません

では、その他にどのようなトーキックがあるのでしょうか。

ドリブルをしながらのトーキック

Photo:www.pixabay.com[LuckyLife11]

1つ目に紹介されているトーキックは、シュートで使われることが多いです。正確にコントロールすることは難しいですが、ディフェンスやキーパーのタイミングをずらすことができます。

インサイドやインステップのようなモーションがないので、GKが反応しにくいのです。サッカーの場面でも、あまり角度がないところからニアの上を狙ったり、キーパーの股下を通したりするときに有効です。

キックモーションからのトーキック

2つ目に紹介されているトーキックは、シュートだけでなくパス。ドリブルをしながらのトーキックよりも、コントロールしやすい蹴り方です。

相手のタイミングをずらすことに加えて、強い威力のボールを蹴れることも特徴的。遠くからのシュートには向いていませんが、ペナルティエリア内で使うとキーパーの意表を突くことができます。インステップやインサイドとともに、シュートの打ち方に加えておきましょう。

普段あまり使わないつま先でのキックなので、ケガをしないように正しい蹴り方を覚えて、ぜひ練習してみてください。


動画:YouTube『【正確に蹴り分けるトーキック】サッカーに活きるフットサル流のキックで得点力アップ!

いかがだったでしょうか?動画を参考にぜひ取り組んでみてください!
質の良い睡眠で体をしっかり休めよう↓

◆関連記事◆
キックフェイントよりも騙せる!キレのある「フェイクキックフェイント」を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です