【MF必見】ボールを失わない選手になる!中盤で奪われないターン5選

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

ボールを奪われないターンテクニックを身に着けよう!

ビルドアップの段階では、中盤でボールを失うことは絶対に避けなければなりません。そのためには相手が寄せてきたときに、奪われないようにターンする技を身につけておきたいところ。

そこで、「YouTube」の『キングデュオ-サッカーTV』の中盤でのターンを紹介します。体の小さな選手でも使える技なので、ぜひ参考にしてみてください。

◆関連記事◆
【ポストプレー上達練習】大事なポイントをおさえて攻撃のバリエーションを増やそう!

1.L字ターン

Photo:unsplash.com[Lisa Wall]

足の裏でボールを引き、インサイドで軸足の後ろをL字に通すターン。ボールが自分の体の後ろにあるので、相手に前から寄せられても、簡単に奪われることはありません。

2.クライフターン

インサイドで軸足の後ろにボールを通し、180度切り返すターン。元オランダ代表のヨハン・クライフ選手が作り上げた技です。キックフェイントと組み合わせることで、相手を逆方向に誘導し、ターンした後に余裕を作ることができます。

◆関連記事◆

3.ブロック&ターン

寄せてきた相手を体でブロックし、そのまま相手を背負いながらターン。相手に突かれない位置にボールを置くので、まずは足下にピタッと止めるようにトラップしましょう。

4.Wアウトターン

2度のアウトサイドのタッチで、相手とボールの間に体を入れながらターン。最初のタッチは方向転換のために小さめに、2度目のタッチは相手を引き離すために大きめにボールを動かします。

5.タックル&キープ

ボールが相手に先に触られそうなったとき、まずボールを失わないようにするプレー。足で行くのではなく、体で行くというのは対人プレーの鉄則です。

タックルは、相手にお尻をぶつけて腕でおさえるイメージ。ボールを奪われるとカウンターで失点してしまう恐れがあるため、絶対に負けない気持ちで体を当てにいきましょう。ただしファールには気をつけてください。
中盤でのターンは自分から仕掛ける技ではなく、相手の動きに合わせてカウンターのように使うものです。そのためどれか1つではなく、いくつか身につけておき、どれを使うかを瞬時に判断できるといいですね。


動画:YouTube『【ターン&キープ】中盤で奪われないターンを5つ徹底解説!なぜ、奪えないかが分かる!キープ力が上がる!【サッカー】

ポゼッションを高めることが重要視されるサッカーでは中盤でボールを失うことは絶対に避けなければなりません!是非動画を参考に取り組んでみてください!

トレーニングと合わせてプロテインも活用してみましょう↓

◆関連記事◆
【ポストプレー上達練習】大事なポイントをおさえて攻撃のバリエーションを増やそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です