【MF必見】ボールを失わない選手になる!中盤で奪われないターン5選

photo:YouTube『【ターン&キープ】中盤で奪われないターンを5つ徹底解説!なぜ、奪えないかが分かる!キープ力が上がる!【サッカー】

ビルドアップの段階では、中盤でボールを失うことは絶対に避けなければなりません。そのためには相手が寄せてきたときに、奪われないようにターンする技を身につけておきたいところ。

そこで、「YouTube」の『キングデュオ-サッカーTV』の中盤でのターンを紹介します。体の小さな選手でも使える技なので、ぜひ参考にしてみてください。

1.L字ターン

足の裏でボールを引き、インサイドで軸足の後ろをL字に通すターン。ボールが自分の体の後ろにあるので、相手に前から寄せられても、簡単に奪われることはありません。

photo:YouTube『【ターン&キープ】中盤で奪われないターンを5つ徹底解説!なぜ、奪えないかが分かる!キープ力が上がる!【サッカー】

2.クライフターン

インサイドで軸足の後ろにボールを通し、180度切り返すターン。元オランダ代表のヨハン・クライフ選手が作り上げた技です。キックフェイントと組み合わせることで、相手を逆方向に誘導し、ターンした後に余裕を作ることができます。

photo:YouTube『【ターン&キープ】中盤で奪われないターンを5つ徹底解説!なぜ、奪えないかが分かる!キープ力が上がる!【サッカー】

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です