小スペースで生きるパス&コントロールをしてみよう!

省スペースで生きるパスコン

サッカーでもフットサルと同じように、狭い局面でパス&コントロールしなければならないシーンがあります。

そのためには、限られたスペースの中で、いかにコンパクトに素早くボールを処理できるかが重要です。

サッカーで役に立つフットサルの技術を紹介しているYouTubeチャンネル『石関聖のサッカーに生きるフットサル思考』では、ちょっとした意識で小スペースで使えるパス&コントロールを解説しています。

自分から1m以内にコントロール

動画では、足の裏とインサイドのコントロールについて触れています。

どちらでコントロールするにせよ、自分のプレー範囲を1-2mで収めることがポイントとされています。

ここでは特にサッカーで多用するインサイドコントールについて深堀りしていきます。

自分から1m以内にコントロールするのを目標とした場合、次のことが大切になります。

  1. ボールの勢いをゼロにしながら足を後ろに引く
  2. 引いた足に重心を移し、そのまま蹴り足にする

ボールをしっかり蹴れる場所に置くのは基本です。そしてもう一つ意識してほしいのは、蹴る動作の「バックスイング」をコントロールの動作の中に含めてしまうことです。

ph1-min

コントロールとともに足を引き

ph2-min

重心を移してバックスイングを省略

ph3-min

「1」「2」のリズムでコントロール&パスが可能に

こうすることで

  1. 止める
  2. バックスイング
  3. インパクト

  1. 止める+バックスイング
  2. インパクト

と一つ動作が減るので、その分素早くプレーができます。

このように小スペースでコントロール&パスを行う際は、動作を減らしてより高いレベルのプレーができるように意識しましょう!

動画=YouTube:【フットサル流の対面パス】サッカーに生きる自主練習でボールコントロールがうまくなる!

soccer-banner
省スペースで生きるパスコン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です