3つのトレーニングでコンドゥクシオンをうまくなろう!

ドリブルには運ぶドリブル「コンドゥクシオン」と相手を抜き去るドリブル「レガテ」があります。

コンドゥクシオンについては『運ぶドリブルの意味を理解しよう!』で詳しく解説しているので、読んで下さい。

そのコンドゥクシオンをうまくなるためのトレーニングをキングデュオ-サッカーTVの動画を参考にして紹介します。

1 直線でドリブル

コンドゥクシオンは基本、アウトフロントでボールにタッチします。なるべくランと同じ姿勢にして、周りを常に見えるようにするには、インサイドよりも無理なくできるからです。

ここで行う直線ドリブルは、コーンを等間隔に置いて行うジグザグではなく、一直線に引かれたラインからボールが出ないようにしてボールを運びます。

ポイントは顔を上げながらも正確にタッチして進むこと。慣れてきてスピードが上がって周りを見るようにしましょう。

s1

画像=YouTube:【ドリブル】ディフェンダー必須のドリブルテクニックを徹底解説!コンドゥクシオンの練習法を3stepで紹介!【サッカー】

2 長めジグザグ

続いてはジグザグドリブルですが、目印となるマーカーを距離を置いてジグザグに置きます。

ジグザグ

左の方向からスタートする時は左足のアウトフロントだけでタッチします。左側にあるマーカーまで到着したら、マーカーの内側で回るようにしてターン。右斜にあるマーカーに向かってドリブルをします。

はじめはスピートよりコントールを重視して行います。

s2

画像=YouTube:【ドリブル】ディフェンダー必須のドリブルテクニックを徹底解説!コンドゥクシオンの練習法を3stepで紹介!【サッカー】

そしてターンの時はボールをしっかりと静止させます。

s3

画像=YouTube:【ドリブル】ディフェンダー必須のドリブルテクニックを徹底解説!コンドゥクシオンの練習法を3stepで紹介!【サッカー】

上手くできるようになったら、スピード上げて行いましょう。切り替えしの精度はしっかりと保つようにします。

s4

画像=YouTube:【ドリブル】ディフェンダー必須のドリブルテクニックを徹底解説!コンドゥクシオンの練習法を3stepで紹介!【サッカー】

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です