U-16日本代表選手が魅せた「相手のプレスを無力化するトラップ技術」を習得しよう!

誰でも簡単に相手のプレスを無力化できる

今回は、U-16日本代表選手が魅せた相手のプレスを無力化する技術についてご紹介していきます。

レベルの高い選手になると、相手のプレスを受けたとしても簡単に交わせる技術を持ち合わせています。

さらにあるポイントを意識するだけで、誰でも簡単に相手のプレスを無力化できるのです。

そこで、動画を参考にU1-16日本代表選手が魅せた相手のプレスを無力化する技術を詳しく解説していきましょう。

◆関連記事◆
名古屋グランパスU-18の選手のような「視野の広さを確保できる姿勢のよいドリブル技術」を習得しよう!

U-16日本代表が魅せた相手のプレスを無力化する技術とは

まずは参考に、こちらの動画0:57の場面をご覧ください。

動画=YouTube:【ハイライト】U-16日本代表vsU-16 パラグアイ代表

この場面では、ぜひ習得してほしい相手のプレスを無力化する技術が見られます。

シンプルで素早い縦パスを見事でしたが、ボールを受けた選手の技術があったからこそ、シュートまでいけた場面でした。

では、その習得してほしい技術とは一体どんなプレーなのでしょうか。

それは、「トラップで相手の懐に入る技術」です。

◆関連記事◆
名古屋グランパスU-18の選手のような「視野の広さを確保できる姿勢のよいドリブル技術」を習得しよう!

トラップで相手の懐に入る技術

動画0:54の場面を見ていただくと、ワントラップで簡単に相手を交わしていることがわかります。

なぜトラップだけで相手を交わせたのかというと、トラップで相手の懐に入り、相手の動きを制御したからです。

進行方向に体を入れられてしまうと、相手はスピードを落とします。

そうすることで、つぎの1歩が遅れプレスをかけるのが遅くなるのです。

この技術を行うためには、トラップ技術はもちろん、相手がどこにいるのかを把握する力、そして相手の動きを見極める力が必要になります。

ぜひ、意識して取り組んでください。

トレーニングと合わせてプロテインも活用してみましょう↓

◆関連記事◆
名古屋グランパスU-18の選手のような「視野の広さを確保できる姿勢のよいドリブル技術」を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です