1対1の守備は「リレーのバトン渡し」をイメージしよう!

football-4585014_640
スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

1対1のディフェンスは、感覚として掴みにくい部分があります。相手がドリブルで仕掛けてきた時に、上手く対応できないと裏を取られて失点に……、なんてことは避けたいもの。

『YouTube』で「最強ディフェンダー しょうごBOSS」が紹介しているディフェンスの対応は、ある競技の動作をヒントにわかりやすく解説しています。

「リレーのバトン渡し」で感覚を掴む

動画で登場したのが、ボールの空気入れ。しょうごBOSSさんがそれを手に、なんとリレーのバトン渡しの動作を例に解説をはじめました。

解説の中で、バトンを受け取るタイミングを、相手の前進に対して後退する時に見立てています。

ポイントは「早すぎるタイミングで後退しない」こと。なぜなら、早すぎるがために、相手がその逆をつき、ディフェンスと違う方向に切り替えしてしまうからです。この、「置き去り」の状態にならないように、相手を十分に寄せることが大切になってきます。

身体の向きのメリット・デメリットを把握しよう

相手に対応するタイミングの他に、ディフェンス時の身体の向きに関しても細かく説明しています。動画では3つのタイプに対するメリットとデメリットを挙げています。

・後向き
メリット:裏のスペースに対応しやすい
デメリット:自分の背後を取られる可能性がある

・半身
メリット:自分が対峙しているサイドに対応しやすい
デメリット:自分の背後(基本的にピッチ中か外)を取られる可能性がある

・正面
メリット:左右に対応しやすい
デメリット:裏のスペースを取られる可能性がある

すべての身体の向きに関して、パーフェクトに対応できるものはなく、状況に応じた最適なものを選択する必要がある。

身体を相手とボールの間に入れたディフェンスができれば、動画のように例え自分より大きな相手でも対応しやすくやるので、是非意識してほしい内容といえます。

動画=YouTube:【スペイン4部】ガチ対決!!82kgの超大型FWを撃破せよ![最強DF数珠つなぎ #3]


◆関連記事◆
【解説動画】1対1に所作がある? ドリブルで打ち勝つための4ステップ!

football-4585014_640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です