1対1の守備は「リレーのバトン渡し」をイメージしよう!

最強ディフェンダー しょうごBOSS

photo:最強ディフェンダー しょうごBOSS

1対1のディフェンスは、感覚として掴みにくい部分があります。相手がドリブルで仕掛けてきた時に、上手く対応できないと裏を取られて失点に……、なんてことは避けたいもの。

『YouTube』で「最強ディフェンダー しょうごBOSS」が紹介しているディフェンスの対応は、ある競技の動作をヒントにわかりやすく解説しています。

「リレーのバトン渡し」で感覚を掴む

動画で登場したのが、ボールの空気入れ。しょうごBOSSさんがそれを手に、なんとリレーのバトン渡しの動作を例に解説をはじめました。

解説の中で、バトンを受け取るタイミングを、相手の前進に対して後退する時に見立てています。

ポイントは「早すぎるタイミングで後退しない」こと。なぜなら、早すぎるがために、相手がその逆をつき、ディフェンスと違う方向に切り替えしてしまうからです。この、「置き去り」の状態にならないように、相手を十分に寄せることが大切になってきます。

 

 

最強ディフェンダー しょうごBOSS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です