清水エスパルスユースの選手が魅せた〇〇を意識したセンタリングをご紹介!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、清水エスパルスユースの選手が魅せた〇〇を意識したセンタリングをご紹介していきます。

センタリングには浮き球やゴロはもちろん、アーリークロスやカーブをかけたクロスなど、さまざまな技術があります。

1つでも多くのバリエーションができることで、プレーの幅も広がるでしょう。

そこで、動画を参考に清水エスパルスユースの選手が魅せた〇〇を意識したセンタリングを詳しく解説していきます。

清水エスパルスユースの選手が魅せた〇〇を意識したセンタリングとは

まずは参考に、こちらの動画0:51の場面をご覧ください。

この場面では、清水エスパルスユースのセンタリングシュートでゴールを決めたシーンが見られます。

注目してほしいのはセンタリングした選手。

ドリブルで仕掛け、クロスボールを上げていますが、このプレーには〇〇を意識したセンタリング技術が隠されていました。

その技術とは、一体どんなプレーなのでしょうか。

それは、「1つボールをずらしてDFが対応する前にクロスを完結させた」ことです。

1つずらしてDFが対応する前にクロスを完結

動画0:51の場面を見ていただくと、ドリブルで仕掛けてシザースをして左アウトサイドでボールを横に出した次のステップで、センタリングを上げています。

このタイミングはDFが予測できないタイミングであり、ゴール前のDFも対応が遅れます。

その場面を作り出すことで、例えボールに勢いがなかったとしても、味方が反応できれば最高のクロスボールになります。

このように、DFに対してボール1個分スペースが作り出せればセンタリングは可能です。

さらにこの技術は、シュート場面でも活かされます。

プレーの幅も広がるため、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です