田中克幸(帝京長岡→明治大)のように、あえて狭いエリアにドリブルし「〇〇の時間」を作り出そう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、あえて狭い方向へドリブルを仕掛ける技術をご紹介します。

普通ドリブルを仕掛けたり、運んだりする場合、スペースを意識して行うことが多いです。

しかし、状況によってあえて狭い方向へドリブルを仕掛けることで、つぎの展開が大きく変わることもあります。

そこで、動画を参考にあえて狭い方向へドリブルを仕掛けるときに、意識するべきことについて詳しく解説していきましょう。

あえて狭い方向へドリブルを仕掛けるときに意識するべきこととは

まずは参考に、こちらの動画0:30の場面をご覧ください。

この場面では、帝京長岡高校時代の田中克幸選手のあえて狭い方向へドリブルを仕掛けたプレーが見られます。

ゴール前でボールを受けた田中克幸選手は、あえて狭い方向へドリブルを仕掛け、切り返してシュートを決めました。

このプレーを成功させるためには、意識するべきことが1つあります。

その意識するべきプレーとは、一体どんなプレーなのでしょうか。

それは、「シュートする前に少しでも時間を作り出す意識」です。

シュートする前に少しでも時間を作り出す意識

動画0:30の場面を見ていただくと、ゴール前にもかかわらず、シュート前はフリーで落ち着いてシュートが打てていました。

田中克幸選手は、この「シュート前の時間」を作り出すために、あえて狭い方向へドリブルをしたのです。

ドリブルした方向を見ていただくと、相手が3人ほど寄せてきています。

相手からすると人数が多いため、ボールを奪えると考えたでしょう。

しかし、この状況は田中克幸選手が意識して作り出した状況であり、だからこそスムーズに切り返しを行い、余裕のあるシュートが打てたのです。

このプレーは、ボールが来た瞬間に考え出したプレーで、意識して行ったプレーでした。

高等技術ですが、イメージしたプレーを行うためにどう動くべきなのかを意識すると、良いプレーができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です