筑陽学園のプレーを参考に「強固な守備を構築するために大切な2つの意識」を身に付けよう!

今回は、守備時に意識してほしい技術についてご紹介します。

サッカーでは、1失点も許さなければ負けることはありません。

そのためにはチーム全体で守備を強固なものにする必要があります。

そのためには「〇〇」と「〇〇」の意識が大事です。

そこで、動画を参考に守備時に意識してほしい技術について詳しく解説していきます。

守備時に意識してほしい技術とは

まずはこちらの動画、3:06の場面をご覧ください。

この場面では、筑陽学園の守備シーンが見られます。

この場面では、サイドエリアを突破されているかのように思えますが、筑陽学園の選手が「〇〇」と「〇〇」を意識していたことで、意図的に防げた攻撃でした。

ここでの2つの「〇〇」とは一体どんなプレーなのでしょうか。

それは、「チャレンジ」「カバー」です。

 

チャレンジ&カバーの大切さ

守備を行うとき、チャレンジ&カバーは非常に大切です。

動画3:06の場面を見ていただくと、ボールを持った相手選手は縦へのスピードがある選手でした。

こういった選手を1人で防ぐのは難しいです。

しかし、筑陽学園の選手は1人で止めるのではなく、数をかけて止めること、そしてチャレンジ&カバーを徹底していることで止められています。

まず1人目がチャレンジしたときは交わされますが、2人目の選手が素早くチャレンジします。

そして1人目の選手はチャレンジからカバーに役割を変えて守備をしていました。

最終的には3人目で止めていますが、このチャレンジ&カバーの意識があるからこそ、強固な守備が完成するのです。

ぜひ意識して取り組んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です