優先順位を意識して「〇〇のスペース」へ素早くパスが出せる選手になろう!

今回は、パスを出す優先順位についてご紹介します。

試合中パスを出すとき、どんなことを考えて出していますでしょうか。

パスに限らず、サッカーは常に考えながらプレーしなければいけません。

そこで、動画を参考にパスの優先順位について詳しく解説していきます。

パスの優先順位

まずは参考にこちらの動画、最初のシーンをご覧ください。

この場面では、清水エスパルスジュニアユースの正しいパスの優先順位を選択したプレーが見られます。

中盤でボールを奪い、FWの選手が落ちてきてボールを受ける、その後パスの優先順位である「〇〇」へ素早くパスを送りゴールを決めました。

その「〇〇」とは一体どんなことなのでしょうか。

それは、「相手ゴールへ近づくライン裏のスペース」です。

 

相手ゴールへ近づくライン裏のスペース

動画を見ていただくと、FWの選手はボールを受けに中盤へ落ちた後、素早くターンして相手ゴールへ近づくライン裏のスペースへパスを出しています。

こういった場面、よく選んでしまいがちなパスコースが、サイドです。

この動画の場合、左サイドの選手がスペースへ走っていたため、どうしてもターンした体の向き側のサイドを最初に見てしまいがちです。

しかし、相手からすると1度サイドへ展開してから前に出てくるのと、1回の展開でライン裏を狙われる方が対応がしづらくなります。

このように、パスの優先順位はまず「前方向、ライン裏のスペース」です。

ぜひ参考にして取り組んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です