興梠慎三(高校時代)のプレーを参考に「鋭く背後へ抜け出す技術」を習得しよう!

photo:football mania

今回は、裏へ抜け出すプレーを武器にしたい選手に意識してほしいことについてご紹介します。

裏へ抜け出すプレーができる選手は、攻撃の縦へのスピードを上げられる選手であり、決定的なチャンスを作り出せる選手です。

とくにスピードがある選手は、裏へ抜け出す動きを武器にすることで、より良い選手へ成長できます。

そこで、裏へ抜け出すプレーを武器にしたい選手に意識してほしいことについて詳しく解説していきましょう。

裏へ抜け出すプレーを武器にするためには

まずは、参考にこちらの動画0:35の場面をご覧ください。

この動画では、興梠慎三選手の高校時代のプレーが見られます。

動画0:35の場面では、中盤から裏へ出されたパスへいち早く反応し、スピードに乗ってDFよりも先にボールを触り、GKも交わしてゴールを決めました。

こういったプレーは、スピードのある選手が行いやすいプレーですが、興梠慎三選手はただ速いだけではありません。

動画0:35のゴールを生み出したポイントは、スピードはもちろん、2つの技術があるのです。

その2つのポイントとは、一体どのプレーなのでしょうか。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です