大宮アルディージャU-18のプレーから学ぶ!鋭い高速カウンターを成功させるために必要な3つの高等技術とは!?

鋭いカウンターを仕掛けるために意識するべきこと

今回は、大宮アルディージャU-18のゴールシーンを参考に、鋭いカウンターを仕掛けるために意識するべきことをご紹介します。

カウンターを仕掛けるためには、チーム全体で一瞬の前へのスピードの意識を高めなければいけません。

そこで、動画を参考に鋭いカウンターを仕掛けるために意識するべきことを詳しく解説していきます。

◆関連記事◆
ボールは絶対渡さない!「体と腕」を上手く使い最強のキープ力・反転力を身に付けよう!

鋭いカウンターを仕掛けるためには

まずはこちらの動画をご覧ください。

この動画では、大宮アルディージャU-18の鋭いカウンターのシーンが見られます。

ボールを奪ってからゴールを決めるまでの過程が、とてもスムーズで無駄のない攻撃を展開していました。

このシーンで大宮アルディージャU-18がカウンターを成功させたのには、3つのポイントがあります。

そのポイントとは、一体どのプレーなのでしょうか。

それは、「ボールを運ぶ時の目線」「両サイドのポジショニング」「シュート前のポジショニング」これらが挙げられます。

ボールを運ぶ時の目線

まず、中盤でボールを受けて前にボールを運んだ選手に注目してください。

プレーを見てみると、1度右サイドへパスを出すような目線、体の向きをしているのがわかるでしょうか。

この目線と体の向きを少しサイドに向けることにより、相手はパスが出てくると考え、前にプレッシャーをかけてきました。

ドリブルしている選手は、目線で相手を騙したのです。

だからこそ、あれだけ簡単に前へボールを運べたのでしょう。

◆関連記事◆
ボールは絶対渡さない!「体と腕」を上手く使い最強のキープ力・反転力を身に付けよう!

両サイドのポジショニング

Photo:unsplash.com[Jeffrey F Lin]

カウンターを成功させるために重要なのが、両サイドのポジショニングです。

動画を見てみると、両サイドに選手が開いてボールを受けようとしています。

中ではなく、サイドにポジショニングをとることで、相手のポジショニングを広げる効果と中央のスペースを空ける効果があるのです。

このポジショニングはカウンターを成功させるためには、不可欠な戦術でしょう。

シュート前のポジショニング

最後にシュート前のポジショニング。

動画を見ていただくと、ニアサイドへ走り込んでシュートを決めています。

もしフォアサイドへ走り込んでいたら、戻ってきている相手に先にボールをカットされていたかもしれません。

相手の前、ニアサイドへ走り込むことで、先にボールに触れシュートまでいけました。

このように、ポジショニングはカウンター時には意識して行うことが重要です。

トレーニングと合わせてプロテインも活用してみましょう↓

◆関連記事◆
ボールは絶対渡さない!「体と腕」を上手く使い最強のキープ力・反転力を身に付けよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です