檀崎竜孔(青森山田高→札幌)のプレーを参考に、ゴール前で有効的な「アウトインの切り返し」技術を学ぼう!

photo:Pink Tsui

今回は、ゴール前で有効的なアウトインの切り返しからシュート技術についてご紹介します。

ゴール前でどうしても相手が抜けずにシュートまでいけない、そう感じている選手もいるのではないでしょうか。

ゴール前は相手DFも必死にシュートを阻止してきます。

その中で相手を交わしてゴールを決めるためには、しっかりとした技術がなければいけません。

そこで、 檀崎竜孔(青森山田高校→コンサドーレ札幌)選手のプレーを参考に、アウトインの切り返しからシュート技術を高めるためには、どうすればよいのか詳しく解説していきます。

そこで、動画を参考に相手を引きつけるプレーの重要性について詳しく解説していきましょう。

 檀崎竜孔のようにゴール前で相手を交わしてシュートまでいくためには

まずはこちらの動画0:09の場面をご覧ください。

こちらの動画では、 檀崎竜孔選手の相手を交わしてシュートまでの一連のプレーが見られます。

動画0:09の場面を見ていただくと、檀崎竜孔選手は正確なトラップから素早くドリブルに入り、アウトでカットインすると見せかけて鋭くインサイドで切り返し、見事にシュートを決めました。

まさに無駄が一切ない、スムーズで美しいゴールです。

では、これだけ美しいゴールが生まれたのでしょうか。

それはアウトインの鋭い切り返しと、正確なシュート技術があったからです。

そしてこの2つの技術には、あるポイントがあります。

そのポイントとはどんなプレーでしょうか。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です