檀崎竜孔(青森山田高→札幌)のプレーを参考に、ゴール前で有効的な「アウトインの切り返し」技術を学ぼう!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

今回は、ゴール前で有効的なアウトインの切り返しからシュート技術についてご紹介します。

ゴール前でどうしても相手が抜けずにシュートまでいけない、そう感じている選手もいるのではないでしょうか。

ゴール前は相手DFも必死にシュートを阻止してきます。

その中で相手を交わしてゴールを決めるためには、しっかりとした技術がなければいけません。

そこで、 檀崎竜孔(青森山田高校→コンサドーレ札幌)選手のプレーを参考に、アウトインの切り返しからシュート技術を高めるためには、どうすればよいのか詳しく解説していきます。

そこで、動画を参考に相手を引きつけるプレーの重要性について詳しく解説していきましょう。

 檀崎竜孔のようにゴール前で相手を交わしてシュートまでいくためには

まずはこちらの動画0:09の場面をご覧ください。

https://youtu.be/30DWWHEsS2w

こちらの動画では、 檀崎竜孔選手の相手を交わしてシュートまでの一連のプレーが見られます。

動画0:09の場面を見ていただくと、檀崎竜孔選手は正確なトラップから素早くドリブルに入り、アウトでカットインすると見せかけて鋭くインサイドで切り返し、見事にシュートを決めました。

まさに無駄が一切ない、スムーズで美しいゴールです。

では、これだけ美しいゴールが生まれたのでしょうか。

それはアウトインの鋭い切り返しと、正確なシュート技術があったからです。

そしてこの2つの技術には、あるポイントがあります。

そのポイントとはどんなプレーでしょうか。

 

それは、「切り返しからシュートまでのスピード」です。

動画0:09の場面を見ていただくと、インサイドで切り返してからシュートまでのスピードがとても早いことがわかります。

簡単そうに見えますが、カットインからあれだけ深い切り返しを行うと体勢を崩し、つぎのプレーが少し遅れてしまうことが多いです。

その遅れが原因でDFにボールを奪われてしまうこともあるほど、あの場面での切り返しからシュートまでのスピードは重要なのです。

檀崎竜孔選手はそのスピードが早かったからこそ、ゴールを決めることができました。

とくにゴール前では、一瞬のプレーでその後の展開が決まります。

檀崎竜孔選手のようにゴール前で相手を交わしてシュートを決めるためには、切り返しからシュートまでのスピードを高める必要があるでしょう。

ぜひ意識して取り組んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です