武田英寿のプレーから学ぶ!ゴール前で決定的なチャンスを作り出すには「2つの技術」が不可欠!

photo:YuYoChannel 2

今回は、武田英寿選手のプレーを参考に、DFに侵入させないドリブルのコースどりとパス&ゴーの技術についてご紹介します。

ドリブルは足元にコントロールし、自分がプレーしやすい場所に置くことが重要ですが、そのほかにもDFに侵入させないドリブルのコースどりも重要です。

またパス&ゴーはサッカーの基本的な動きであり、パス&ゴーを連続して行える選手は決定的なチャンスを作り出せます。

そこで、動画を参考にDFに侵入させないドリブルのコースどりやパス&ゴーの技術を行うために、意識するべきことについて詳しく解説していきましょう。

DFに侵入させないドリブルのコースどりやパス&ゴーの重要性

ドリブルをしているとき、DFは必ずプレッシャーをかけてきます。

プレッシャーにあうと当然プレーすることが難しくなりますが、ドリブルコースを意識するだけでそのプレッシャーを回避できるのです。

さらに試合中、パス&ゴーを意識するだけで、攻撃に連動性がうまれます。

そこで、こちらの動画3:10の場面をご覧ください。

こちらの動画では、武田英寿選手のプレーが見られます。

武田英寿選手が素晴らしいドリブルとパス&ゴーを披露していますが、このプレーには2つのポイントがありました。

そのポイントとは一体どのプレーなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です