U-17日本代表SBのプレーを参考に「攻撃参加を成功させるために必要な3つの能力」を習得しよう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、SBの選手に習得してほしい攻撃参加の時に意識するべき3つの技術についてご紹介します。

近年ではSBの選手からゲームメイクやチャンスメイクを行うチームが増えてきています。

単純に上下に走る運動量があるだけのSBでは、通用しなくなってきているのです。

SBにも足元の技術が不可欠であり、サッカーを理解し頭の良い選手でなければいけません。

そこで、動画を参考にSBの選手に習得してほしい攻撃参加の時に意識するべき3つの技術を詳しく解説していきます。

SBの選手に習得してほしい技術とは

SBに求められる戦術として、まず挙げられるこが攻撃参加です。

しかし、攻撃参加をするとき何も考えず走り出してはいけません。

何も考えずに攻撃参加してしまうと、奪われた後のリスクが高くなるからです。

そこで、こちらの動画2:29の場面をご覧ください。

https://youtu.be/9plkxKxDqg0

こちらでは、U-17日本代表のSBの選手の攻撃参加シーンが見られます。

そして、このプレーの中に攻撃参加の時に意識してほしい3つの技術があるのです。

その3つの技術とは、一体どのプレーなのでしょうか。

それは、「ボールを受ける位置」「フリーラン」「クロスを上げる場所」です。

 

ボールを受ける位置

まず攻撃参加で意識してほしいプレーが、ボールを受ける位置です。

動画2:29の場面を見ていただくと、MFラインまでポジションを上げて受けていることがわかります。

このポジショニングをとることで、相手の第1DFライン(FW)を超えているため、プレッシャーを回避できるのです。

相手DFラインの裏でボールを受けられる選手は、自然と良い形で前を向いてプレーできます。

 

フリーラン

動画2:29の場面を見ていただくと、ドリブルではなく簡単にパスを出して再びフリーランして動き出していることがわかります。

もし密集した場面でドリブルを選択していれば、ボールを奪われカウンターを受けていたかもしれません。

そこでパスを選択し、相手をボールへ集中させることで、一瞬中央に寄せサイドのスペースを作り出したのです。

そしてそこに走り込むフリーランはSBには必要不可欠な能力でしょう。

 

クロスを上げる場所

最後に意識してほしい技術が、クロスを上げる場所です。

動画2:29の場面を見ていただくと、GKとDFの間にクロスが上げられていることがわかります。

この位置にクロスを上げることで、相手DFは自陣のゴールに体をつけてプレーすることになり、対応が難しくなるのです。

そしてシュートを打つ選手は相手ゴールへ向かってシュートが打てる、このクロスは相手のプレーをやりづらくし、味方のプレーをやりやすくするクロスなのです。

ぜひ今回ご紹介した3つの技術を意識して、取り組んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です