西川潤のシュートシーンに隠された「相手にシュートを意識させない」技術とは!?

photo:サッカー通訳.football interpreter

今回は、相手にシュートを予測させずにシュートを打つ技術についてご紹介します。

試合中にシュートを打つとき、どんなことを意識してシュートをするでしょうか。

ほとんどの選手が、シュート前にゴールを確認しゴールを意識してシュートを打ちます。

しかし、ゴールを見てシュートフォームになると、相手は必ずシュートがくると考えるでしょう。

プレーが予測できればそれなりの対応も可能です。

そこで習得してほしい技術が、「相手に予測されずにシュート打つ」技術。

このプレーには、あるポイントがあります。そのポイントについて詳しく解説していきましょう。

相手にシュートを予測されずにシュートを打つためには?

相手にシュートを予測されずにシュートを打つためには、どんなプレーをすれば良いのでしょうか。

そこで、こちらの動画:0:33の場面をご覧ください。

こちらでは、西川潤選手のシュートシーンが見られますが、このプレーの中に今回習得してほしいプレーが隠されています。

では、相手にシュートを予測されずにシュートを打つためのポイントとは、一体どんなことなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です