西川潤のシュートシーンに隠された「相手にシュートを意識させない」技術とは!?

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、相手にシュートを予測させずにシュートを打つ技術についてご紹介します。

試合中にシュートを打つとき、どんなことを意識してシュートをするでしょうか。

ほとんどの選手が、シュート前にゴールを確認しゴールを意識してシュートを打ちます。

しかし、ゴールを見てシュートフォームになると、相手は必ずシュートがくると考えるでしょう。

プレーが予測できればそれなりの対応も可能です。

そこで習得してほしい技術が、「相手に予測されずにシュート打つ」技術。

このプレーには、あるポイントがあります。そのポイントについて詳しく解説していきましょう。

相手にシュートを予測されずにシュートを打つためには?

相手にシュートを予測されずにシュートを打つためには、どんなプレーをすれば良いのでしょうか。

そこで、こちらの動画:0:33の場面をご覧ください。

https://youtu.be/0UD2jChpc_Q

こちらでは、西川潤選手のシュートシーンが見られますが、このプレーの中に今回習得してほしいプレーが隠されています。

では、相手にシュートを予測されずにシュートを打つためのポイントとは、一体どんなことなのでしょうか。

 

それは、「目でゴールを意識しない」ことです。

西川潤選手の動画0:33の場面を見ていただくと、シュート前のドリブル中に常にゴールを見てプレーしていないことがわかります。

どちらかといえばドリブルしながらパスコースを探しているようにも見えます。

しかし、この場面西川潤選手は常にゴールを意識しているのです。

しかし、相手はシュートが来るとは予測できていません。

なぜなら、先程お伝えしたようにゴールを見ていないからです。

サイドに目が向けられていれば、当然サイドを警戒しますし、DFはボール保持者の目線でつぎのプレーを予測してきます。

そこをあえて利用することで、相手にシュートの意識を持たせずにシュートが打てるのです。

この技術が身につけば、よりゴールを決めやすくなるでしょう。

ぜひ意識して取り組んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です