大迫勇也のプレーを参考にして、ポストプレーを成功させるのに必要な3つの技術を学ぼう!

photo:kkbtakei

2008年の選手権で計10得点を挙げ、1大会最多得点記録を達成した大迫勇也選手。

現在では日本代表の中心選手として、不可欠な存在にまで登り詰めた大迫勇也選手ですが、その実力は高校時代から飛び抜けていました。

大迫勇也選手の武器といえば、ポストプレーや正確なコントロール・ターンなどが挙げられます。

これらのプレーには重要なポイントがあり、このポイントを習得できれば、大迫勇也選手のようなポストプレーやターン技術が身につくでしょう。

それでは重要なポイントについて、詳しく解説していきます。

大迫勇也のポストプレーやターンのポイントとは

大迫勇也選手は体が大きいわけでも、誰よりも強いわけでもありません。

しかし、世界の強靭な肉体を持つ選手達にも、負けることなくボールをコントロールしています。

そこで、大迫勇也選手の高校時代のプレーを動画で見てみましょう。こちらの0:12の場面をご覧ください。

非常に簡単にプレーしていますが、あれだけスムーズにボールを収めてターンすることは難しいです。

なぜ大迫勇也選手はポストプレーやターン技術が突出しているのか、これにはいくつかポイントがありました。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です