高知からJへ!高知ユナイテッドSCが高知市内でサンクスパーティーを開催

高知ユナイテッドSCは4日、高知市内にてサポーターらにJFL昇格を報告するサンクスパーティーを開催した。

パーティーには過去最大の200人が出席。武政重和社長は「たくさんの人の思いをやっと繋ぐことが出来た。さらに険しい道が続くが、諦めずに歩いていきます」とあいさつ。大谷武文監督は「25人の選手たちはみんな『高知のために』っていう気持ちをもって最後まで戦ってくれた。この選手、スタッフで戦えたことを誇りに思う」とチームを称えた。チームのキャプテンである横竹翔選手は「大きな一歩で、新たなスタート。Jリーグの舞台に高知県が立てるように頑張っていきましょう」とコメントし、会場を大いに盛り上げた。

JFLへの昇格が正式に決定

サンクスパーティーが行われた翌5日、東京ガーデンパレス(東京都文京区)にて開催されたJFL理事会にて、高知ユナイテッドSCの2020年シーズンのJFL(日本フットボールリーグ )昇格が正式に決定した。

結成から4年でJリーグ一歩手前のカテゴリーにまで上り詰めた高知ユナイテッドSC。

「高知からJへ」

結成時から掲げてきた合言葉が、いよいよ「現実」のものになろうとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です