中学生向け〜身体のバランス能力を高める体幹トレーニングをご紹介〜

サッカーの試合中は相手とのフィジカルコンタクトや接触するシーンがよくあります。

しかし強い身体を手に入れるために、無意味な筋肉を鍛えて体を重くしたり、バランスの悪いトレーニングを行なってはいけません。逆効果となり大きな怪我へと繋がります。

サッカーでパフォーマンスを上げるためには、身体のバランスを整えることを意識し、トレーニングに取り組むことが重要です。

特に中学生の年代の身体は成長期に入り、慎重に扱わなければいけません。今回は身体のバランス力を鍛える体幹トレーニングをご紹介します。

 

身体のバランスを整える体幹トレーニング

トレーニング方法

  • 1人がボールを持って立つ。
  • 1人がボールを持つ人の前に座り、上体と足を上げ地面には尻しかついていない状態でキープ。
  • キープしている人の頭あたりにボールを投げる。
  • 投げられたボールをその体制でヘディングして返す。
  • これを繰り返す。

 

トレーニングの意図

  • 腹筋と背筋で体を支えることをイメージしながら行うことで体幹が鍛えられる。
  • 体幹トレーニングにボールを使うメニューを加えることで、意識的に取り組めるようになる。

 

ポイント

ポイントは腹筋と背筋を使って体を支えていることをイメージすること。さらにヘディングをするときに、全身をうまく使って行うことです。

サッカーでは前に動くだけでなく、後ろにも横にも動きますし、ジャンプしたりターンしたりスライディングをすることもあります。

重要なことは、自分の体を思い通りに動かせるようにすることです。思い通りに動かせる能力を身につけることで、スムーズな動きができ、パフォーマンスの向上に繋がります。

そのために、体幹を意識することと全身を同時にうまく動かすこと。この2つを意識して取り組んでください。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です