試合当日のパフォーマンスを高める食事と試合中の捕食とは

大切な試合の日は、全力を出せる状態に体を整えておきたいものですよね。

そのためには、朝ごはんのメニューから意識を高めて考え、試合に使うためのエネルギーを補っておく事が大切です。

そして、試合後はなるべく早めに、筋肉の疲労を回復してあげましょう。

今回は、試合当日の朝ご飯と試合中におすすめな食事をご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

試合に勝つための体は高糖質&低脂質で作る

試合当日の朝は、体の中でエネルギーとして変換される糖質を中心に食事を摂りましょう。

腹持ちも良く消化もいいご飯と味噌汁、卵焼きにグレープフルーツやオレンジなどのビタミン豊富なフルーツといったメニューがおすすめです。

そして、控えて欲しいのは脂質です。試合開始までに消化されない可能性がある食べ物は良くありません。

油を使った物は消化が悪く胃に残りますから、出来るだけマーガリンなども避けた方がいいですよ。

いつもより食べ過ぎる事のないよう、適度な量でエネルギーを補給しましょう。

急いで食べると咀嚼が減り消化が遅くなるので、朝ご飯はゆっくり食べられるように時間に余裕を持ってくださいね。

固形物は、試合の3時間位前には食べ終わっているといいでしょう。

試合前にお昼ご飯を食べる場合は、その後のパフォーマンスが下がりますので、お腹いっぱいにしないようにしてください。

次の試合までのインターバルが短い場合は、スポーツ用のゼリー飲料などがおすすめ。すぐに摂取できてエネルギー補給にもバッチリです。

そこそこ時間が取れるならば、バナナやあんパン、おにぎりなどを食べましょう。

そして、水分補給を欠かさず休憩タイムにはスポーツドリンクなどを飲むと良いですよ。

このように、適切な食事を摂る事で子供の運動時のパフォーマンスは高まっていきます。

しっかり食べて勝利を掴み取りましょう!

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です