【食育】サッカーをやっているのに軽度肥満かも? 肥満解消オススメレシピ。

肥満かもしれないと悩む少年

見直すべきは食事の栄養バランス

軽度肥満が改善しない原因を、もう一度見直してみましょう。運動をして体を動かしている、ということは、見直すべき点は食事になります。

なかでも、栄養のバランスが特に重要となってきます。本来、必要な栄養バランスは:

野菜:肉(魚):主食 6:1:3が理想といわれています。

しかし、近年では食事が欧米化している影響で 3:4:3くらいになっているようです。

「確かに、うちの子はお肉とご飯ばかりで野菜をあまり食べていないかも」

普段の食生活を振り返って、そう感じたお母さん。

では、食事をどのように改善したら良いのでしょうか?

食物繊維で老廃物の排出を

普段の食事で野菜が少ないと気づいたお母さんですが、どんな野菜を食べればいいのでしょうか?

「野菜を食べる」と言っても、野菜にもいろいろな種類があります。

一番おすすめなのは、食物繊維を多く含む食材を食べること。

食物繊維は満腹感を与えてくれ、身体の中から老廃物を排出するので、からだの巡りを良くなり、代謝をあげることにつながります。

特におすすめの野菜がこちらです。

キノコ類

低カロリーで食物繊維が多く含まれています。

キノコは100gあたり約20kcal前後なので、カロリーを気にせず使いやすい食材です。

  • エリンギ
  • しいたけ
  • しめじ
  • なめこ
  • まいたけ
  • えのき
  • マッシュルーム

など、たくさんの種類があります。

 

緑黄色野菜

野菜には色の濃い緑黄色野菜と、その他の野菜があります。

色の濃い緑黄色野菜には、カロテン(ビタミンA)だけでなく、ビタミンCやK、葉酸、カリウム、鉄、カルシウムなど、他の栄養素もいろいろ含んでいる野菜もあり、糖質や脂質の代謝を高めてくれます。

気を付ける点として、切ったときに中まで色がついているものが緑黄色野菜です。

にんじんは緑黄色野菜ですが、ズッキーニやナスは外側の色は濃いですが、切ったときに中が白いので、その他の野菜になります。

せっかく野菜を食べたと思っても「緑黄色野菜でなかった」なんてこともありますので、ご注意ください。

>>甘いものにはご用心!?アスリートとスイーツの付き合い方

肥満かもしれないと悩む少年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です