サッカースクール・チームを立ち上げて飯は食っていけるのか?とあるスクールの収支を大公開!

サッカーに関わる職業の花形ともいえる「プロサッカー選手」。

しかし国内プロサッカー選手になれる人の割合は1000人に1人。およそ0.1%の人しかJリーガーになれないというのです。

さらに、JリーガーになれたとしてもJ1で活躍(最低でもJ2で活躍)しない限り、生活ができるレベルにまでは到達できず、金銭的な問題からリタイアしてしまうケースも少なくありません。
Jリーガーっていくら貰ってるの?J1リーグ所属選手の年俸ランキング2019!

プロサッカー選手として生計を立てるということは、それほど大変なことなのです。

ただサッカーを長年やってこられた方の中には、「どうしてもサッカーに携わる仕事がしたい」という方も多いのではないでしょうか。

そういった人たちが真っ先に考えるのが「コーチ」として生計を立てるという選択です。

サッカークラブに就職するという選択

日本にはJリーグチームの下部組織、街クラブ、民間のサッカースクールを含め、多くのサッカーチーム・サッカースクールが存在します。そのほとんどのチーム・スクールがコーチ不足で悩んでいるため、よほどの能力不足でない限り就職には困らないかとは思います。

しかし、J1に所属するようなトップクラブのスクールコーチですら給料は月給20万円前後が一般的。さらに、昇進の見込みは薄く、いつ首を切られるかわからない不安定な状態だといいます。

そこで多くの人は「自分でサッカーチーム・スクールを立ち上げる」という道を選ぶのです。

自分でサッカーチーム・スクールを立ち上げる

サッカーチーム・スクールを立ち上げるのに特別な許可を得る必要はなく、以下の2つさえ決めてしまえば、最低限チーム・スクールとしての活動は出来ます。
①始動日
②場所(学校の校庭、体育館、公共施設、民間の施設etc)

ただそこで気になるのは、
①チーム・スクールの運営って儲かるの?
②実際に掛かる費用っていくらくらいなの?
といったことではないでしょうか。

そこで今回は実際にあるサッカースクールの収支を見て、自分が運営する立場になった時のイメージを掴んでみましょう。

NEXT:Aサッカースクール(埼玉県)の実際の収支

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です