優秀なコーチは「探す」ではなく「〇〇」が正しい!?コーチ不足問題の解消方法とは

近年どこのチームやスクールにおいても、「コーチ不足問題」がとても深刻化しています。
出来れば優秀なコーチに指導を任せたいというのが代表者としての本音でしょうが、優秀なコーチって一体どうやったら確保出来るのでしょうか?
今回はコーチ不足問題の解消や、コーチの育成方法をテーマにコラムを執筆しました。
コーチ不足問題に頭を悩ませているチームやスクールの代表者様は、是非お読みいただければと思います!

優秀なコーチは「探す」ではなく「育てる」が正しい!

サッカーに限らず、優秀な人材ほど獲得するのにお金が掛かるというのは、どの世界でも一緒の事だと思います。
それを捻出するだけの経済的基盤があれば良いのですが、残念ながらほとんどのチームやスクールはそのような状態にありません。
チーム・スクール運営の中で、一番負担が掛かるのは「人件費」です。人件費が上がれば上がるほど運営はどんどん厳しくなります。

また、Jの下部組織や強豪街クラブであれば、優秀なコーチとしての素養を持った人が自ら訪れてくるかもしれませんが、そうでないチームやスクールはなかなか難しいです。
他チームやスクールから優秀な人を引き抜こうにも、そうした人はなかなかいないし、仮にいても、自分たちのチームやスクールの育成方針やビジョンに合うかどうかはまた別の問題です。

だとしたら、今いるコーチや新しく入ってくるコーチを「戦力になるコーチ」に育て上げるしかありません。
「戦力になるコーチ」とは、コーチとしての能力が高いという事以上に、チームやスクールの代表者と価値観を共有出来ている人の事を指します。
代表のコピーを何人つくれるか、で強い組織になるかどうかが決定します。
どんなに能力の高いコーチをお金を掛けて雇ったとしても、価値観が共有できていない人はすぐに離れていきます。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です