サッカーに身長は関係ないことを仲川輝人のプレイは教えてくれる! 

「身長が低いから相手に勝てない」「なんで僕は背が小さいんだよ!」と嘆いても意味がありません。「どうしたら身長が低くても相手に勝てるか」を考え抜いた選手が横浜F・マリノスのFW仲川輝人です。彼のプレイを見れば、背が低くても相手に勝てるヒントが見えてきます。

仲川輝人はスピードとドリブルで相手を翻弄する!

1.圧倒的なスピード

一番の特徴は、相手を一瞬で抜き去るスピードです。50m5秒台の快足を生かし、トップスピードまで一気に加速します。タテの動きはもちろん、ヨコへの動きも早く、相手は翻弄されます。またスピードは守備にも生かされ、相手をしつこく追い回し、プレッシャーをかけミスを誘い、カウンター攻撃につなげます。

2.タッチが細かいドリブル

タッチが細かく、重心が低いドリブルのため、次の動きに早く対応できます。そのままカットインしてシュートしたり、相手を引きつけてラストパスを出すなど、ディフェンスしづらい選手です。

3.絶妙な動き出し

動き出しがうまく、常にディフェンスとのすき間を狙っています。見つけたすき間でボールをコントロールし、シュート、パスへと展開します。ボールを持っていないときでも、常に相手の嫌がるプレイをします。

仲川輝人の勝者のマインドがプレイを支えている!

「自分の特徴をいかにサッカーにつなげるかが大事」。仲川輝人がインタビューで語っていた言葉です。161cmの小さな体でどう戦えるのか、いつも考えた結果、いまの仲川輝人がいます。「身長が低いから相手に勝てない」ではなく「どうすれば勝てるのか」を考え、仲川輝人のように背が小さくても勝てるプレイヤーになりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です