現在でも世界を舞台に活躍するビジネスマン・中田英寿の活動を紹介!

中田英寿は2006年ドイツワールドカップ引退後、世界中を旅したことがメディアで大きな話題となりました。FIFA親善大使やデサントゴルフのアンバサダー、IFABの諮問委員会などの活動のほか、「現在、中田英寿のメインの仕事は何か」について紹介します。

中田英寿は日本酒の素晴らしさを世界に伝えている

中田英寿は現在、日本文化の魅力を世界に伝える活動をメインにしています。

中でも日本酒に力を入れており、2015年には「株式会社 JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」を設立。高品質な日本酒をおいしく勉強できることをテーマにした「CRAFT SAKE WEEK」、日本酒のみのコンペティション「SAKE COMPETITION」などを開催しています。

また2018年には「ANAファーストクラス提供酒」、2019年に「SAKE CELLAR」の販売も行なっています。

現役時代から大好きなお菓子も手がけている

株式会社東ハトのCBO(チーフ・ブランディング・オフィサー)に現役時代の2003年から参加し、執行委員をつとめています。
キャラメルコーンの大リニューアル、暴君ハバネロのヒット、カナエルコーンの開発などに携わりました。

加えて、ネスレの人気商品「キットカット」で日本酒、梅酒味の商品開発にも参加し、国外からも人気を集めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です