【翻訳記事】ユーロ予選10戦10勝、最終戦では9発!マンチーニ率いるイタリアが71年ぶりの完勝でEURO予選を終える!

ロベルト・マンチーニは、記録の男だ。アルメニア戦では、9-1で勝利を収め、イタリア代表は11連勝中。ユーロ予選では、10戦10勝と無敗。これまで、イタリア代表が大きな国際トーナメントでここまでの成功を収めたことはなかった。最後に1試合9得点をあげたのは、1948年のことだった。(対アメリカ9-0)

9-1でアルメニア代表相手に勝利したことは、アズーリにとって驚くべき結果となった。これは、記録的な結果だ。最後に、イタリア代表が1試合に9ゴールをあげたのは、遡ること1948年のこと。ロンドンオリンピック開催中の出来事だった。ベスト16で対戦したアメリカ代表との一戦で9-0で勝利。また、さらに過去には、1920年にもフランスとの親善試合で9ゴールを決めたことがある(9-4)。だが、一番の記録は、1928年に開催されたアムステルダムオリンピックにてエジプト代表と対戦し、11-3で勝利した試合だ。(3位決定戦)

予選10戦10勝:代表の歴史で初となる偉業

イタリア代表は、ユーロ2020グループ予選で10試合して10連勝と歴史的快挙となった。大きな国際大会の予選でここまでの成功を収めたのは初めてのことである(ユーロ / W杯)。さらに、ユーロ予選では、この試合の勝利を含め、40試合連続無敗という記録も打ち立てた(34勝、14試合連勝中、6引き分け)。

<イタリア代表の直近10試合>
イタリア-フィンランド 2-0
イタリア-リヒテンシュタイン 6-0
ギリシャ-イタリア 0-3
イタリア-ボスニア 2-1
アルメニア-イタリア 1-3
フィンランド-イタリア 1-2
イタリア-ギリシャ 2-0
リヒテンシュタイン-イタリア 0-5
ボスニア-イタリア 0-3
イタリア-アルメニア 9-1

ロベルト・マンチーニにとっては、11試合連続となる勝利

また、この試合は輝かしい2019年の10回目となる勝利でもあった。これまでイタリア代表が一年間に10勝をあげたことはなかった。ロベルト・マンチーニの指揮下では、2018年11月のアメリカ戦での1-0の勝利も含めると11連勝中ということになる(すでにボスニア戦でヴィットリオ・ポッツォが持つ10連勝記録を更新している)。

参照サイト:Eurosport
訳:長内秀樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です