小学校低学年からやるべき!クロストレーニングのメリット紹介!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

クロストレーニングとは?そしてその効果は?

クロストレーニングとは、さまざまな競技を組み合わせて行うトレーニングのことを言います。
クロストレーニングは小学生低学年から行うと大きなメリットがあり、お子さんのサッカー人生を有意義にできる可能性が高まります。

そこで本記事では、クロストレーニングの必要性やメリットを、

  • 小学校低学年からクロストレーニングする必要性
  • おすすめのクロストレーニング
  • テコンドーを取り入れているイブラヒモビッチ

の3点の順で説明します。

小学校低学年からクロストレーニングする必要性

小学校低学年からクロストレーニングをすすめている理由は、運動能力が一番伸びる時期が小学校の低学年から始まるからです。

8〜10歳がプレゴールデンエイジ、10〜12歳がゴールデンエイジと言われています。さまざまな競技を行うことでサッカーでは使わない筋肉を使い、バランスの良い身体の使い方を身につけられます。

おすすめのクロストレーニング

バスケット、野球、ヨガ、水泳、ロードバイクなどがおすすめです。サッカーとは違った筋肉が使われて、普段とは違う刺激を与えられます。慣れないうちはケガをしやすいので、徐々に負荷や回数を増えしましょう。回数の目安は週2〜3回です。

クロストレーニングを行なっているイブラヒモビッチ

イブラヒモビッチは、テコンドーをクロストレーニングに取り入れています。彼のスキルは、サッカーとテコンドーの動きがミックスされています。テコンドーキックのようにしなやかなシュートなど、サッカーだけではできないプレーをします。

まとめ

アメリカなど海外ではクロストレーニングは主流となっており、一つのスポーツだけを行う選手の方が少ないです。

他にも、クロストレーニングを行うメリットとして、お子さんの気付かなかった才能など新しい事が発見できるでしょう。

皆さんもお子さんに是非色々なスポーツを試させてあげて、サッカーに活用してみてはいかがでしょうか。

◆元スペインリーグ1部レガネス所属選手・現サカレコ編集長Q&Aコーナーはこちらから◆
編集長について→ 元CDレガネスの井手ウィリアム航輔が新しいサッカーメディアを創り出す!

関連記事◆
シンプルなターンだけどボールを奪われない!ターンのトレーニングをご紹介!
判断の連続に慣れろ! 味方からのコーチングを聞く能力を高める、4色マーカーを使ったパストレーニング!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です