小学校低学年からやるべき!クロストレーニングのメリット紹介!

さまざまな競技を組み合わせて行うトレーニングを、クロストレーニングといいます。
クロストレーニングは小学生低学年から行うと大きなメリットがあり、お子さんのサッカー人生を有意義にできる可能性が高まります。

そこで本記事では、クロストレーニングの必要性やメリットを紹介します。

具体的には

・小学校低学年からクロストレーニングする必要性
・おすすめのクロストレーニング
・テコンドーを取り入れているイブラヒモビッチ

の3点の順で説明します。

小学校低学年からクロストレーニングする必要性

小学校低学年からクロストレーニングをすすめている理由は、運動能力が一番伸びる時期が小学校の低学年から始まるからです。

8〜10歳がプレゴールデンエイジ、10〜12歳がゴールデンエイジと言われています。さまざまな競技を行うことでサッカーでは使わない筋肉を使い、バランスの良い身体の使い方を身につけられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です