小学生から動体視力を鍛えるメリットとは?トレーニング方法を大公開

この記事は「いつ頃から動体視力を鍛えさせればいいのかな?」「動体視力ってどう鍛えるんだろう?」と悩んでいる方に向けて書いています。
具体的には

・小学生から動体視力を鍛えるメリットとは?
・動体視力が優れたサッカー選手
・動体視力トレーニングを3つ紹介!
・動体視力トレーニングアプリとメガネも紹介!

の順に紹介します。
動体視力をいつから鍛え、どうトレーニングすれば良いかわかるので、ぜひ最後までお読みください。

小学生から動体視力を鍛えるメリットとは?

運動能力をぐんぐんと成長させる年齢は10〜12歳と言われていますが、視力は5〜12歳でもっとも伸びやすいと言われています。早い段階で取り組めば、その後の大きな成長につながります。そのためサッカーの練習と視力のトレーニングを、同時に行う必要があります。

動体視力を鍛えると情報処理が早く、正確になります。
正確にトラップできる、的確なスペースにパスが出せるなど、動体視力があるとサッカースキルの向上に直結します。

動体視力が優れたサッカー選手

クリロナ、イニエスタ、中田英寿など動体視力が優れているサッカー選手です。
3選手とも動体視力が優れています。正確なパス、シュート、トラップは高い動体視力があってこそ成り立っています。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です