自己流はケガの原因に!ノーマルスクワットの正しいやり方を紹介!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

正しいスクワットのやり方

「息子に自己流でスクワット教えてるけど正しいやり方なのかな?」と、不安に思っているお父さんの悩みが解決する記事です。

・間違ったノーマルスクワットの弊害
・正しいノーマルスクワットのやり方

の順で説明します。
30秒ほどで読めて、正しいノーマルスクワットが身につくので、ぜひご一読ください。

間違ったノーマルスクワットの弊害

間違ったノーマルスクワット(一般的なスクワット)は、余計な負荷が体にかかってしまい「腰痛」「太ももやふくらはぎの肉離れ」「骨折」などがおこりやすいです。
さらに筋トレ以外のサッカーの練習の疲労が重なると、リスク倍増です。

正しい方法でやると、キック、ジャンプ、スプリント、ステップワークの力が伸びます。
そのため、正しいノーマルスクワットのやり方を覚える必要があります。

◆関連記事◆
高校生にプロテインってどうなの?実はオススメな理由と飲むときの注意点、アレンジアイデアを紹介!

ノーマルスクワットの正しいやり方

動画=YouTube[【筋トレ】スクワットの正しいやり方とよくある間違いを詳しく解説! | Muscle Watching]

ノーマルスクワットの正しいやり方は3点を意識しましょう。

1.足幅を肩幅に広げて立つ
2.つま先はまっすぐ
3.腕は前に伸ばす(動画では腕は前ですが、胸前でクロス、頭のうしろで組むなどでもOKです)

注意点としては

・ひざから動かさず、股関節から動くイメージを持つ
・ひざはつま先より出ない
・つま先を上げない

ノーマルスクワットの正しいやり方まとめ

正しいノーマルスクワットのやり方は

1.足幅を肩幅に広げて立つ
2.つま先はまっすぐ
3.手は前、胸前でクロス、頭のうしろで組む

以上の3点です。
正しいノーマルスクワットのやり方を教えて、息子さんの身体作りをサポートしましょう。

トレーニングと合わせてプロテインも活用してみましょう↓

◆関連記事◆
高校生にプロテインってどうなの?実はオススメな理由と飲むときの注意点、アレンジアイデアを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です