効果絶大!昼寝を取り入れればサッカーがもっとうまくなる!

近年、アスリートの世界で大きな注目を浴びているのが「昼寝」です。
サッカー、バスケット、野球などさまざまなスポーツ界でトレーニングの一部として取り入れられています。
そこで今回は昼寝にはどのような効果があるのか、どうやれば良いのかを紹介します。

昼寝はサッカー能力アップにうってつけ!

・メンタル安定、問題解決力アップ

昼寝はメンタルの安定、問題解決能力アップに役立つことが、コロラド大の研究でわかっています。

データでは2〜3歳半の子供に昼寝をしてもらった結果が書かれており、「メンタル状態が不安定になったり、問題解決能力が下がる」、といった研究結果が掲載されています。

サッカーにおいては「落ち着いた精神状態でプレイができる」、「不利な状況を打破する」などの効果が期待できます。

・注意力の向上

NASAの研究では宇宙飛行士が昼寝をすることで注意力とパフォーマンスが向上した結果が出ています。宇宙空間では少し気を抜けば、命取りになるケースが多いですが、サッカーでも同じです。

ふと気が緩んだスキに相手に抜かれる、シュートを打たれる場面があります。プレイ前に昼寝を取ることで、不用意なミスが防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です