高校生にプロテインってどうなの? 実はオススメな理由と飲むときの注意点、アレンジアイデアを紹介!

高校生がプロテインを飲むことについて

  • プロテインを飲むと背が伸びなくなる?
  • 筋肉の増強にはプロテインが必要だ?
  • 体に良くないって聞いたけど本当かな?
  • プロテイン飲むと筋肉ムキムキでカッコよくなれるって!?

なんて、いろいろな声があります。

プロテインを飲むだけで、ボディービルダーみたいな筋肉ムキムキの肉体になるイメージが強いですが、本来の役割は筋肉の発達を助けるために必要な、タンパク質を補うことです。※そもそもプロテインは日本語で「タンパク質です」

高校生、特に男子の場合、10歳頃から起こる成長期で男性ホルモンの影響により筋骨が隆々となり、骨格が完成に近づいている時期です(成長速度は人それぞれです)。高校生からウエイトトレーニングなど、強度の高いトレーニングを取り入れるチームも多いのはそのためです。

そんな筋肉をはじめ、全体的なパフォーマンスが急激に上がりやすい高校生だからこそ、プロテインの飲用は大切なコンディショニングアイテムといえます!

1日に必要なタンパク質摂取量は体重×2g! 毎日牛ヒレ肉600g食べられますか?

髪の毛、皮膚、内蔵、骨、そして筋肉、これらはすべてタンパク質でできています。これらのタンパク質は普段、食事から摂取して補うのですが、サッカーをはじめスポーツを行っている人は、「体重(kg)×2g」のタンパク質(g)が必要と言われています。体重60kgの人だと120gのタンパク質が必要となるわけです。

タンパク質120gとは食材でいうと牛ヒレ肉100gに約20gのタンパク質が含まれているので、単純に600gも食べなければなりません。大食漢でもかなりのボリュームですし、そもそも一緒に含まれる脂肪も摂取されることになるので、身体への負担も大きくなります。

食事だけで必要なタンパク質をカバーしようと思っても、なかなか補うことが難しいのが現実なのです。そこで、プロテインを飲むことで、食事では摂取しきれなかったタンパク質を補えることができます。さらにプロテインによっては、カルシウムやミネラルが配合されているものがあるので、その他の栄養素も補うことが可能です。また、プロテインを上手く活用することで食費を抑えることもできます。

身体に合うものが1番! プロテインの種類と目的

プロテインを選ぶときには、目的に合ったプロテインを選ぶことがポイントになります。どのような種類があるのか、見てみましょう。

パワーやスピードを上げたい人には、ホエイプロテイン

牛乳の成分「ホエイ」からできているホエイプロテインは、低カロリーで体に吸収されるスピードが速いという特徴があります。パワーやスピードなど、瞬発力が必要となる筋肉を付けることができる反面、お腹が弱い人は体に合わず、下痢をする傾向があるので注意が必要です。

また、牛乳が苦手だったり、プロテインのにおいや味が苦手で飲みにくかったりなんてことがあります。最近では、水に溶かしてスポーツドリンクのような喉越しのプロテインや、定番のバニラ・チョコ以外のレモンチーズケーキやティラミス味など豊富なフレーバーがラインナップされているので、多くの人に親しまれるようになりました。

ウエイトコントロールや体を絞りたければ、ソイプロテイン

大豆から「ソイ」作られているソイプロテインは、ホエイより含まれるタンパク質量が少ないですが、その代わり脂質が少ないので余分な脂肪が付きにくく、また吸収されるスピードが遅い特徴があります。

ウエイトコントロールが必要となる場合や、体を絞りたい場合にはソイプロテインがオススメです。ソイプロテインもホエイと同じく、匂いが苦手で飲みにくいという人もいます。こちらも同様、フレーバー付きのものが出ていますので、自分にあったフレーバーを探してみるのも楽しいかもしれません。

>>結局プロテインって子どもに必要なの? 身長が止まるって本当? といったお悩みを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です