「そろそろ屋外トレーニングができる!」とその前にサッカーの姿勢は大丈夫?

tr1_200525

緊急事態宣言もすべての都道府県で解除されそうで、全国のサッカークラブも待ちに待った活動再開に向けて準備していることでしょう!

選手もピッチで思い切りボールを蹴れるのをウズウズしているのに違いありません。

でもその前に、鏡の前で自分の「姿勢」をチェックしてみよう。首、背中、お尻(骨盤)といった姿勢は、サッカーをするのに適した「美しい姿勢」でしょうか?

姿勢については「パフォーマンスアップは正しい姿勢で決まる! 背中と骨盤を意識して新年からスタートダッシュ」を参照してもらって、ここではサッカーで必要な姿勢が身につくコアトレーニングを紹介します。

ポイントは常にコアを意識すること

『YouTube』の「【スペインで闘う日本人選手が紹介!】美しい姿勢を意識したコアトレーニング」では、トレーニングに入る前にいくつかポイントを挙げている。そのなかで大切なのは、コアを意識すること。

コアというと、ついお腹ばかりをイメージしてしまいますが、身体のコアとは腕と脚を除いた部位を指すので、背中や胸なども入ります。サッカーであれば、ボールを蹴ったり、走ったりする時にバランスをとったり、上半身からのパワーを下半身に伝えたりする役割をコアは担っています。

そして実際トレーニングを行うときは、このコアを意識できる負荷やスピードで行うことがポイント。たくさん汗をかいて息を切らせて「やりきった」感覚で終わるのは、精神的には満足できていても、身体的な達成は得られていないので注意が必要です。

まずは動画をしっかり観察して、ただしいやり方を身につけよう。

soccer-banner
tr1_200525

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です