選手だけじゃない!サッカーに関連する職業の「給与事情」をまとめてみた

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

サッカーに関係する職業は、選手や監督、コーチなどさまざまあります。

当然職業によって給与も変わってきますし、契約内容によっても差が出てしまうものです。

そこで、サッカーに関係する職業意識の給与事情をまとめてみました。

サッカーに関連する職業の給与事情

①サッカー選手

サッカー選手の平均年俸はおよそ2000万〜3000万円と言われています。

よく海外のトップクラスの選手は億単位の給与を受け取っていて、サッカー選手はすごく稼げる職業と考える方も多いです。

しかし実際は億単位の給与を貰えるのは一握りであり、日本国内でも億単位の年俸の選手はほとんどいません。

さらにJ1とJ2・J3の年俸の格差は大きく、アルバイトをしながらプレーする選手がほとんどです。

>>Jリーガーっていくら貰ってるの?J1リーグ所属選手の年俸ランキング2019!
>>J3の選手の月収例をまとめてみた!J3はとても厳しいリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です