選手だけじゃない!サッカーに関連する職業の「給与事情」をまとめてみた

サッカーに関係する職業は、選手や監督、コーチなどさまざまあります。

当然職業によって給与も変わってきますし、契約内容によっても差が出てしまうものです。

そこで、サッカーに関係する職業意識の給与事情をまとめてみました。

サッカーに関連する職業の給与事情

①サッカー選手

サッカー選手の平均年俸はおよそ2000万〜3000万円と言われています。

よく海外のトップクラスの選手は億単位の給与を受け取っていて、サッカー選手はすごく稼げる職業と考える方も多いです。

しかし実際は億単位の給与を貰えるのは一握りであり、日本国内でも億単位の年俸の選手はほとんどいません。

さらにJ1とJ2・J3の年俸の格差は大きく、アルバイトをしながらプレーする選手がほとんどです。

>>Jリーガーっていくら貰ってるの?J1リーグ所属選手の年俸ランキング2019!
>>J3の選手の月収例をまとめてみた!J3はとても厳しいリーグ

②監督

チームの指揮を取り、勝利へと導く監督。

監督の平均年俸は6000万〜7000万円と言われています。

世界のビッグクラブを率いる監督は、5億〜15億ほどの給与を貰っていますが、Jリーグで億単位の年俸を貰っている監督はほとんどいません。

監督には「ライセンス」があり、例えばJリーグのトップチームを率いる監督は「S級コーチ」のライセンスを持っていなければいけません。

>>監督っていくら貰えるの?J1リーグ所属監督の年俸ランキング2019!

③コーチ

監督の他にも、選手のサポートや戦術・技術の向上を目指すために、コーチの存在は欠かせません。

こうしたJリーグのトップチームコーチであれば、年収が1500万円を超える方もいます。

しかし、一般的なスクールなどのコーチの平均年収は、200万〜300万と言われています。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です