喫煙はスポーツの運動能力やパフォーマンス低下に大きく関係している

喫煙は体にダメージを与えるだけでなく、スポーツのパフォーマンスにも大きく影響します。

しかし、吸うのはよくないと知っていても、具体的に喫煙することによって、どんなことがパフォーマンスに影響するのか知らない方もいるのではないでしょうか。

そこで、喫煙するこどスポーツ能力やパフォーマンスにどう影響していくのか、詳しく解説していきます。

喫煙はスポーツ能力・パフォーマンスを低下させる

まずお伝えしたいことが、喫煙はスポーツ能力やパフォーマンスを低下させるものであるということです。

ここでは、具体的にどんなデメリットがあるのかご紹介します。

 

デメリット①:有酸素系の運動能力の低下

こちらはご存知の方も多いかと思いますが、喫煙することにより有酸素系の運動能力が低下します。

サッカーやバスケなど、1試合を通してスタミナがなければいけないスポーツは多くありますが、運動能力が低下していると1試合走れるスタミナがなくなってしまうのです。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です