【喫煙サッカー選手】喫煙はスポーツの運動能力やパフォーマンス低下に大きく関係している

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

喫煙は体にダメージを与えるだけでなく、スポーツのパフォーマンスにも大きく影響します。

しかし、吸うのはよくないと知っていても、具体的に喫煙することによって、どんなことがパフォーマンスに影響するのか知らない方もいるのではないでしょうか。

そこで、喫煙するこどスポーツ能力やパフォーマンスにどう影響していくのか、詳しく解説していきます。

最後のページでは禁煙しているサッカー選手を紹介しています。

喫煙はスポーツ能力・パフォーマンスを低下させる

まずお伝えしたいことが、喫煙はスポーツ能力やパフォーマンスを低下させるものであるということです。

ここでは、具体的にどんなデメリットがあるのかご紹介します。

 

デメリット①:有酸素系の運動能力の低下

こちらはご存知の方も多いかと思いますが、喫煙することにより有酸素系の運動能力が低下します。

サッカーやバスケなど、1試合を通してスタミナがなければいけないスポーツは多くありますが、運動能力が低下していると1試合走れるスタミナがなくなってしまうのです。

>>選手だけじゃない!サッカーに関連する職業の「給与事情」をまとめてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です