【動画で詳しく解説】ボランチの選手がボールを奪われてはいけないシーンとは

今回は、MF・ボランチの選手が奪われてはいけないシーンを、実際のプレー動画を参考にご紹介していきます。

MFは攻守の中心であり、ゲームをコントロールしなければいけません。ボランチの選手が悪い形でボールを奪われると、相手に良い状況でカウンターを仕掛けられてしまう。

この状況にならないためにも、ボランチの選手は常にプレーする準備をし、的確に試合をコントロールしていく必要があります。

では、プレー動画を見ながら詳しく見ていきましょう。

ボランチの選手が奪われてはいけないシーン

まずはこちらの動画の1分34秒のシーンをご覧ください。

 

味方がヘディングでクリアをし、味方がそのボールを拾いボランチへパス。この時ボランチの選手は前の状況を気にしながらコントロールしましたが、自分の後ろにいた選手が素早くプレッシャーをかけていたことは把握できずにボールを奪われます。

ボールを奪った相手は、時間をかけずに素早くカウンターを仕掛けます。最後は得点にはなりませんでしたが、シュートまでいかれたシーンでした。

このシーンではオフェンス3枚、ディフェンス3枚と対応できる人数がDF側にも整っていたから防げたものの、もし1人でも欠けていたら失点していた確率は非常に高かったでしょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です