GKとの1対1の場面でDFがやるべきプレーとは〜プレーすることを辞めてはいけない〜

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

今回は「守備時にGKと1対1の場面を作り出されてしまった時のDFの対処方法」についてご紹介していきます。

守備をしている場面で、相手に決定的なチャンスを作り出され、GKと1対1の状況になってしまうことも多いです。

しかしこの時に、ボールを追うことをやめ、プレーすることを終わりにしてしまう子がとても多い。

そこで、守備時にGKとの1対1の状況を作り出された際に、DFが行うべき対処方法について詳しく見ていきましょう。

1対1の場面は100%ゴールを決められるわけではない

GKとの1対1の場面は決定的な場面であり、ゴールを決められる可能性もとても高い。しかし100%ゴールを決められるのかと言われると、決してそうではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です