「攻撃をやり直すプレー」の重要性〜再び攻撃へ繋げるために大切な事とは〜

 

攻撃をやり直す時に意識するべきこと

前が空いているのに後ろに下げる。スペースがあるのに進もうとしない。これらのプレーは指導者からも好まれません。こういった状況で後方に下げる選手は、ボールを保持したくないか、何も考えていない選手でしょう。

前が空いているのであれば積極的に仕掛けていかなければいけません。

ですが相手の守備陣が整っている場合、むやみに攻撃を仕掛けては奪われてしまうリスクが高まります。こういった場面では、無理せずに攻撃をやり直せば良いのです。

相手にボールを奪われてリアクションを受ける。攻撃をやり直して再びゴールを目指す。どちらが良いかと言われれば、必ず後者を選びます。

なぜなら自分たちが攻撃をしていれば得点を奪える可能性が広がり、失点するリスクが軽減するから。だからこそ攻撃的にプレーし、だめならやり直して再び攻撃を行えばよいのです。

このやり直す判断は的確に行わなければいけません。やり直すことばかり考えていては、いつまでも相手ゴールへ近づけません。

まずはゴールを目指しつつ、だめならやめる。この「進める状況」と「やり直す状況」を的確に見極めることが重要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です