「攻撃をやり直すプレー」の重要性〜再び攻撃へ繋げるために大切な事とは〜

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

今回は「攻撃をやり直すプレー」の重要性についてご紹介していきます。

攻撃をやり直すプレーは、相手から一旦逃げること、攻撃をストップさせるプレーです。サッカーにおいてこれは重要なプレーの1つですが、指導者の中にはこのプレーをしてはいけないと指導する方も中にはいます。

確かに状況やタイミングも考えずに攻撃をやり直すプレーは意図がないため、よくありません。

しかし、しっかりと状況を確かめ意図のあるやり直しであればさらに良い形で攻撃を進めていくことがでいきます。

そこで、「攻撃をやり直すプレー」をするときに何を意識するべきなのか、詳しく見ていきましょう。

攻撃をやり直すプレーとは

攻撃をやり直すプレーとは、前に進めなくなった状況で、一旦横パスやバックパスを出したり、後方へ下がって後ろから組み立て直すプレーなどが挙げられます。

これらのプレーは決して良くないプレーではなく、むやみに攻撃を仕掛けるよりも一旦ボールを落ち着かせて、攻撃し直せる有効的な判断です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です