【ご冥福をお祈り申し上げます】不慮な事故で亡くなってしまったサッカー選手まとめ

サッカー選手としてプレーしていた選手の中には、これまでに不慮な事故で亡くなってしまった方も世界中にいます。

事故は突然訪れるもの。それはサッカーをプレーしているときでも。サッカーができていることのありがたさ、生きていることの尊さを改めて実感します。

今回は不慮な事故で亡くなってしまったサッカー選手をご紹介させていただきます。

松田直樹

松田直樹さんは元日本代表で松本山雅に所属していました。チームの中心的存在であり、多くの選手から支持されていた松田直樹さんでしたが、2011年8月2日、練習中に突然倒れると心肺停止の状態で緊急搬送。意識が戻る事なく死亡が確認されました。急性心筋梗塞が原因だったそうです。享年34歳でした。

ナタエル・ジュラン

ナタエル・ジュランはフランス2部リーグのギャンガンでプレーしていました。196cmの長身FWで華麗なゴールを決めるなど、才能ある選手だった。

しかし2020年、車を走行中にコントロールを失い事故を起こしてしまいます。残念ながらその事故で、ナタエル・ジュランさんは亡くなってしまいました。享年23歳でした。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です